クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

悲しいことと嬉しいことと・・・

今日は悲しいことと嬉しいことがあった。

悲しいこととは・・・

とある女性と二人で昼食を食べてきたのだけど、話がことごとく噛み合わなかったのだ。

まず、本の話、音楽の話、スポーツの話、全て共通点が全くなかった。

さらに、お互いが相手の嗜好に興味を示さなかった。

寂しいかぎりである。

嬉しい出来事は、私のホームページのエッセイや特別企画を読んでくださった方から嬉しいメールが届いたこと。

こういうとき、ホームページにエッセイなどを書き続けてよかったと思います。

ありがとうございます。

がんばってホームページを更新しなくては。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

ブラームス 交響曲第2番 ティーレマン&SKD

最近紹介したティーレマンとシュターツカペレ・ドレスデンによるブラームスの全集が聴けば聴くほど素晴らしいことが分かった。

交響曲第2番を聴いているのだが、随所でメリハリがよく効いていて、これでもかと曲の魅力を引き出している。

まるで、フルトヴェングラーのように。

でも、フルトヴェングラーの2番とはもちろん違う。

なんというか、フルトヴェングラーを現代風にしたというか、いや違う。

いや、違わない。

違わないのだが、フルトヴェングラーの場合、曲の細部まで完璧にコントロールしているようなイメージがあるのに対してティーレマンはオケと共に曲の細部まで仕上げているイメージがある。

SKDが如何に上手い楽団かはこの全集を聴けば分かるのだが、ここまでSKDの良さを引き出せる指揮者が何人いただろうか?

言っちゃ悪いがイタリア人指揮者ではこういうSKDの良さは引き出せなかったであろう。

小澤征爾は引き出しているが。

それは置いといて、ティーレマンとSKDは絶妙のコンビであることが証明された。

絶対、このCDは買いである!
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

クリュイタンスの良さを再認識

このところベートーヴェンの交響曲をよく聴いている。

ケーゲルの田園の東京ライヴのあまりの素晴らしさに仕事から帰ってきたから毎日感嘆していた。

その後、第9を連続で聴いた。

フリッチャイ、ラインスドルフ、フルトヴェングラー、シューリヒト。

どれもが素晴らしい第9だった。ホントに。

中でもシューリヒト&フランス国立管のCDが音質はステレオで演奏も凄かった。

このCDレビューは本体ホームページの特別企画のページで掲載してます。

で、最近は「英雄」を聴こうと思いクリュイタンスの全集を引っ張り出してきた。

なんであまり聴いていないのだろう?と思うほど感動した。

クリュイタンス&ベルリンフィルは私的には5番が一番お薦めなのだが、3番も凄くイイ。

また、6番も定評がある。

で、5番を久しぶりに聴き直している。

カラヤンのモスクワライヴには負けるが、やっぱり素晴らしい^^

5番を聴いたら7番を聴くつもり。

クリュイタンス&ベルリンフィルのベートーヴェンは何聴いてもハズレなし!

しかも全集はHMVでは激安ですのでお薦めです。

Beethoven: Les 9 SymphoniesBeethoven: Les 9 Symphonies
(2006/08/04)
Beethoven、Bpo 他

商品詳細を見る


と思ったらアマゾンでも激安でした^^

今年はもう第9は聴かないだろうと思っていたけど、最後にクリュイタンス&ベルリンフィルのを聴くかもしれない。

明日は選挙。

投票先はお決まりですか?

権利は行使しましょう。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

特別企画最終回 ベートーヴェン 交響曲第9番

とうとうホームページでの特別企画も最終回を迎えることになりました。

当ブログでも御礼申し上げます。

1年間ありがとうございました。

最終回をお読みになる方は、下の本体へ飛ぶというリンクから移動してください。



今年もあと1ヶ月を切りました。

とは言え年末年始のお休みに入るまでは気持ちはなかなか年末モードにはならないですね。特に今年は。

どうも今年は、年末の前によい意味でもう一波乱ありそうなんですよね~。

そうすれば、いい年だった!と断言できるのですが。



そういえば、Jリーグの優勝はガンバ大阪になりましたね~。

ガンバ大阪って今年からJ1に復帰したばかりだったような気がしますが。

よく優勝できましたね。

おめでとうございます。

今日はこのへんで^^
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

久々の更新 ブラームス交響曲全集 ティーレマン

久々の更新です。

約1ヶ月ぶり。

広告が表示されてしまいました。

この1ヶ月の間、当然音楽を聴いていましたし、CDも買いました。

ティーレマンのブラームスの交響曲全集がなかなかよいです。

2曲の序曲も収録されていますし、2曲のピアノ協奏曲、ヴァイオリン協奏曲も収録されています。

全てライヴです。

こちら。

ブラームス:交響曲全集、協奏曲集(DVD付)ブラームス:交響曲全集、協奏曲集(DVD付)
(2014/09/24)
ティーレマン(クリスティアン)

商品詳細を見る


HMVで買うとお買い得です。

ブラームスの4つの交響曲で一番好きな曲は第4番です。

なので、1番がいくらいい演奏でも4番がいただけないと私はガックリきます。

今回はいうと、1番は予想どおり素晴らしいです。

来日公演のときも1番を演奏してます。

ラジオでも生放送されました。

そのとき、久々に1番で感動しました。

4番はというと、正直に言って分からなくなりました。

最初はいいかなと思ったのですが.....

ティーレマンは随所でテンポを揺らしています。

そのテンポを変える箇所が???なのです。

いまのところですが、イマイチ理解できません。

嫌いとかいうのではなく、ティーレマンの意図が分かっていないのです。

フルトヴェングラーのテンポの揺らしは有名ですし納得の揺らしです。

たぶん、ティーレマンは考え抜いた末のテンポ設定なので必ず意図はあります。

そこで、よく集中して聴きたいのですが時間が取れていないのが現状です。

今日はたっぷり時間があるのでしっかり聴こうと思います。

あ、そうそう、2番も凄くイイです。私好みの演奏です。

ホームページも更新しなければならない。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。