クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

不味かった...

今日は飲みに行ってきました。

目的のお店は店名から察するに伊勢志摩の海産物を扱ったお店。

ところが、そのお店へ行ってみると閉店してました。がっくし。

で、その界隈を歩き回って結局焼肉屋へ行くことに。

満炎というお店。

美味いことは美味い。確かに美味い。値段も高め。

でも、お肉が薄い。

そこだけが残念だった。

今日の残念はそれだけでは終わらなかった。

その後、リサーチしていた長浜ラーメンのお店へ行った。

ところが、そのお店、ネットでは夜も営業しているとなっていたのだが、閉まっていた。

で、別のラーメン屋ののれんをくぐった。

とんこつしょうゆラーメンを注文。

これがまた不味いのなんのって。

よく潰れないなと感心してしまった。

今まで食べたラーメンの中で不味さではワースト1位か2位を争う。

スープなんて飲めたものじゃなかった。

だが、焼肉屋で会話が弾んで楽しかったからよしとする。

ホント信じられない不味さだった。

「どうやったらこんなに不味くできるんだ?」と質問したくなる味。



話変わるけど、サッカーは誰が監督になるんでしょうね。

オレは日本人が監督をやるのがいいと思う。

誰がいいというのはわからないけど...
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

勝てない原因が分かった気がする

ギリシャにも勝てなかった...

ワールドカップに出場してくるチームで弱いチームはほとんどいない。

これは事実。

しかし、決勝Tに進出するためにはその強いチームに勝たなくてはならない。

ギリシャクラスのチームに勝てなければ、勝てるチームはないと言っていい。

即ち日本は次の試合も落とすことになる。

次のゲームで日本が勝つと信じている人には気の毒だが、これが現実。

今の日本代表にコロンビアを退ける力はない。

コロンビアは昨日今日強くなった国ではない。

昔からサッカーだけは強い。

南米の国で強い国は言うまでもなくブラジルとアルゼンチン。

この2強に続くのが、コロンビア、ウルグアイ、チリ、そして、今回は出場していないがパラグアイも強い。

この4カ国で頭一つ抜け出しているのは、今大会ではコロンビアであろう。

シード国でもある。

確かに、今回の日本代表は守備が心もとないが史上最強であろう。

それでも、コロンビアには勝てない。

なぜなら、10人チームのギリシャにも勝てないのだから。

なぜ、こうなったのか?

史上最強のチームと言えども世界と戦うとこんなものなのだろうか?

2年前だったか、ヨーロッパ遠征のときフランスやオランダと互角以上の戦いをしたのは夢なのだろうか?

あれも間違いなく現実だった。

でも、もう一つ思い出していただきたい。

ヨーロッパ遠征のとき、かつては強かったが、最近は低迷しているブルガリアあたりに完璧に負けてしまったことを。

あのとき、ヨーロッパの2戦級のチームに完敗した。

どうして?

要は2戦級のチームでも本気を出せばヨーロッパのチームはかなり強いということ。

それが、強豪国ともなれば尚のこと。

だから、今回そのヨーロッパの強豪国と肩を並べるコロンビアには勝てないということ。

では、日本代表は進歩していないのかというとそれは違う。

猛烈なスピードで強くなっている。

これも事実。

強豪国にどんどん追いついていっている。

今の日本代表が力を出し切れば、日本国内での前評判どおりコートジボワールとギリシャを撃破していたであろう。

でも、勝てなかった。

考えてみれば理由は簡単。

コンディション。

選手のコンディションの調整に失敗したからであろう。

南アのときは、徹底的に体調を管理していた。

監督が代わりそのへんのことが前回のようにできていないのではないだろうか。

コートジボワールの試合を見ていて、あまりにも選手の動きにキレがないと素人のオレにも分かった。

ギリシャの試合は20分しか見れなかったが、それでもコートジボワール戦と大差ない感じがした。

点が入る予感よりも点を取られる予感がしていた。

いくら上手い選手が揃っていても、いくら戦術が優れていても、戦う選手のコンディションが悪ければそれでおしまいなのだ。

たぶん、試合開始の時間帯も影響しているであろう。

コートジボワール戦は現地時間は夜の10時だったはず。

いくらなんでも夜10時に試合開始は無謀である。

とにかく、今の日本代表はここまで弱くはない。

まあ、今回は決勝T進出はどうにもならない。

だが、コロンビア戦まで数日ある。

できるだけコンディションを整えて試合に臨んでほしい。

絶好調の日本代表であれば、コロンビアともいい勝負ができるはずである。

そして、勝ってほしい。

ワールドカップでシード国を倒すという意味はとてつもなく大きい。

日本代表にとっても大きな自信と財産になるはずである。

ところで、斎藤学を出場させてほしいと思っているのはオレだけであろうか。

ヤツにこそワールドカップを経験させてやりたいと思う。

ヤツのドリブルが世界にどこまで通用するのか見てみたい。

オレは通用すると思っている。

次こそ日本代表に期待しようと思う。

ザックよ!黙って斎藤学を出せ!
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

負けるべくして負けた気がする

いやな予感的中。

サッカーワールドカップで日本代表がコートジボワールに逆転負け。

試合開始から日本の選手にキレがないと感じていた。

本田の得点は奇跡。

だが、本田らしく大舞台での活躍となった。

しかし、1点先制してからも先制する前もボール支配率はコートジボワールの方が上。

シュートもコートジボワールの選手はいい感じで打てていた。

いい感じというのは、たまたまゴールにはならなかっただけでゴールになっていてもおかしくないシュートは前半からちょくちょくあった。

そのうちやられるだろうなと覚悟しながら見ていたので同点ゴールをされてもたいしてショックはなかった。

どころか逆転されてもそれほどショックではなかった。

やっぱりねという感じ。

そもそも、大会直前の試合でも点を取られまくっていたので、こうなることは予想できた。

2点ぐらい取られるだろうなと思っていたから。

サッカーで2点取られることの意味は、敗戦を意味する。

アフリカのチームと日本は相性も良くない。

次のギリシャ戦でも失点する可能性は高い。

とは言え1点に抑えるだろうから、たぶん勝てる。

問題はコロンビア。

コロンビアと対戦する前に決勝T出場を決める必要があったのだが、それはもう不可能となった。

コロンビアなら3戦全勝の実力があるように思う。

外堀が一気に埋まった感のある日本代表だが、チャンスはまだある。

なぜなら、コロンビアは次のコートジボワール戦で決勝T進出を決めるであろうからだ。

即ち、コートジボワールは次のコロンビア戦に負けることを意味する。

もし、日本が残り2戦を勝つことができれば決勝Tに出場できる可能性が高まる。

キツイのは、日本、コロンビア、コートジボワールが2勝1敗で並んだとき、得失点差ではコロンビアがまず間違いなく1位となる。

得失点差で日本とコートジボワールが並んだときは、得点差で決まるのだが、得点差でも並んだ場合、日本に勝利したコートジボワールが決勝T行きとなる。

このキツイ状況をクリアしなければ日本は決勝Tには行けない。

どうすればよいか?

とにかくコートジボワールより点を取りまくるしかない。

だが、日本はいくら点を取っても失点を重ねるから、結局のところ決勝Tには行けないであろう。

南アフリカ大会から4年経過したが、攻撃力は確実に上がった。

しかし、守備力は随分落ち込んだ。

日本はまだ過渡期にあると思う。

もうあと4年待たなければ良い結果は出ないのかもしれない。

日本代表は、この4年間本当によくがんばったと思う。

決勝Tに出られなくても胸張って帰ってきてほしいね。

とくに本田と長友には。

長友の成長は半端ではないと思う。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

特別企画第6回 「メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲」

あぢぃ~.....

現在、部屋の気温は32℃

敵わん。

そんな中、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を聴いている。

音楽に集中できない...

先ほどサイクリングに行って来て、水分補給をしたのに、すぐにまた冷たい飲み物が欲しくなってしまう。

ただ、救いなのは真夏と違って無風状態ではないということ。

若干ではあるけども風が部屋に舞い込んでくる。

エアコンのスイッチを入れるかどうか迷う。

というのも暑いときは、汗を掻いたほうがいいように思えるから。

しかし、ジュースを我慢する必要なんてあるのだろうか...

飲んでしまえ。

.....

やっぱりクーラーも入れてしまえ。

.....

さて、少し安心したところで告知を。

本体ホームページに特別企画第6回「メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲」をUPしましたので読んでやってください。

更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。