クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

特別企画第4回 「シューマン ピアノ協奏曲」&口内炎

今日は歯医者へ行ってきました。

新患受付時間が9時から11時までだったので朝9時に行ってきました。

歯医者といっても歯が痛むわけではないんですよね。

口内炎が3つもできてしまい、たまらず医者に行こうと決めたわけです。

いつもなら耳鼻咽喉科へ行くのですが、でも、耳鼻科で処方される薬は決まって「ケナログ」なんです。

で、この薬、私には効かないんですよ。

それで、ネットで調べてみたら口腔外科でも口内炎を診てくれると分かったので早速今朝行ってきたわけです。

ところがですよ、そこの歯科、激込みだったのです。

有名な歯科専門の病院ということもあると思います。

で、これは結構待たされることになるかもしれないと覚悟したのですが、15分ぐらいで名前を呼ばれたので早く来てよかったと思っていた。

ところが、どんな具合か見ただけで、一旦、待合に戻されてしまい、もう一度呼ぶので待ってほしいと言われました。

そして、待っても待っても名前が呼ばれない。

後から来た患者が、どんどん診察を終えて帰っていくではないか!

受付時間11時を過ぎても呼ばれない。

激込みだった待合がスカスカになってきた。

でも、呼ばれない。

さすがに頭にきて、受付に2時間以上待ってるが、どうなってるのか問いただした。

すると、しばらくしてその受付の子が戻ってきて担当する医師が前の患者の治療に1時間かかっていて大幅に遅れているということだった。

そして、次に呼ぶ予定ですと言うので、しかたなく引き下がった。

というか、仕方がないので引き下がるほかない。

で、とうとう名前が呼ばれた。

呼ばれた時間は11時50分。

結局3時間近く待たされた。

そして、イヤな予感もしていた。

診察して、結局処方される薬はケナログかもと。

3時間待ってケナログでは無駄足&大幅な時間のロスである。

ところが、担当の医師はそのへんの耳鼻科の医師とは違っていた。

じっくり診た上でしっかりした見解を述べてくれた。

口内炎のできる仕組はまだ解明されていないということだった。

中でもアフタという口内炎が一番多いということらしい。

でも、このアフタがなぜできるかが分からないということだった。

即ち予防の方法がないということだろうか。

さらにウィルスによる口内炎の場合もあるという。

可能性としては低いが、帯状疱疹と同じ種類のものかもしれないというのだ。

ということで血液検査も行った。

結果は来週。

そして、薬はケナログではなかった。

痛みを麻痺させる塗り薬とステロイドの薬とうがい薬を処方してもらった。

どうも、私の感ではこのうがい薬が効き目ありそうである。

殺菌作用があるらしい。

普通のうがい薬とも違うようだ。

ともあれ医師の対応がよかったので3時間待たされても今回は水に流そうと思う。

だが、3時間待ちというのは、何か手違いがあったように思えてならない。

長々とどうでもいいことを書いてしまったのだけど、本日特別企画を本体ホームページにUPしました。

読んでいただける方は本体へ飛んでください。

トップページからエッセイのページへ移動してお読みください。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

不死身の鬼美濃

金曜から休みだったこの3連休、しっかりメカトロの勉強をする予定だった。

ところが、トランジスタの回路の勉強はできたものの3連休でこれだけというのは少し悲しい。

一体何をやっていたのかというと、「信長の野望・創造」を三日間やり続けてしまった。

プレイ大名は武田信玄。

驚いたことに、3日でクリアできてしまった。

もちろん、全国完全制覇ではなく、征夷大将軍になった時点で惣無事令を発布してのクリア。

武田信玄でやってみて思うことは、とにかく武田軍の強さが半端ではないということ。

武田軍に対抗できるのは、宿敵だった上杉謙信ぐらいである。

春日山城攻略の折、謙信軍の26000に対して馬場・高坂・山県・真田幸隆・昌幸の21000で戦いを挑んだ。

コンピューターに任せてまともに戦ったら勝ち目はないので、自分で指揮を取れる会戦にもちこんだ。

会戦になると、それぞれの武将が特殊能力を発揮する。

これは私が指示して発揮させる場合とコンピューターが自動で発揮してくれる場合がある。

因みに武田信玄の特技は斉射(弓)と騎馬隊の攻撃力をUPさせるというもの。

それに対して上杉謙信の特技はかの有名な「車がかり」。

これを発動すると、攻撃力だの守備力だの色々な能力が大幅にUPする。

非常に厄介なのだ。

ところが、武田信玄の場合、自動でたまに発動する特技がある。

「風林火山」である。

これを発動すると、謙信の車がかり同様に反則的な強さになる。

ただ、謙信軍と戦ったときは、信玄抜きで戦ったのでシャレにならなかった。

しかも兵数はこちらの21000に対して謙信は26000。

戦い始めたときは、謙信軍は9000程度だったのが、次々に援軍が現れてあっという間に26000まで膨れ上がった。

ただ、こちらには真田親子(幸隆&昌幸)がいたので勝てるかもしれないと思っていた。

幸隆の特技は、敵の守備力を低下させるというもの。

昌幸の特技が強烈で、敵を行動不能に陥らせ、さらに敵の防御力を低下させるというもの。

ただ、こちらの攻撃力を上げるためには、さらに馬場の特技を発動させねばならない。

馬場の特技は敵を後退できなくさせ、自軍の強さをUPさせるというもの。

しかし、特技を発動させるには士気ゲージが溜まるのを待たねばならない。

特技が強烈であればあるほど多くの士気を消費する。

最初、昌幸の特技と馬場の特技と騎馬隊の突撃で一気に敵兵26000を五分の兵数まで減らすことができた。

ところが、その後「車がかり」を謙信が発動して、こちらが一気に不利な戦局に。

しかし、なんとか「車がかり」を凌ぎきってこちらの士気ゲージが溜まったところで、再び昌幸の特技で敵を行動不能に追い込んだ。

しかし、攻撃力をUPさせる特技を発動させるほど士気ゲージは溜まっていなかった。

ところが、なんと総大将の馬場信春が特技「鬼」を発動したのだ。

これは、私が発動できる特技ではなく、稀に自動で発動される特技。

効果はというと、攻撃力と守備力の大幅上昇というものだった。

これで一気に形勢逆転!

勝利できた。

しかし、21000の兵数は戦いが終わったときには、3000に激減していた。

3000で春日山城を陥落させるのは難しい。

できることはできるのだが、もたもたしていると敵の援軍が来てしまうのだ。

で、急ぎ4000の援軍を派遣した。

城を落とすときは、兵数がものを言うシステムだから。

で、何とか春日山城を落とすことができた。

武田4名臣のうち3人と真田親子がいたから勝てたようなもので、他の武将では完膚なきなでに叩きのめされた可能性は高い。

要はこのゲームでは武田軍が如何に強いかがわかった。

実際、史実でも武田軍の強さは半端なものではなかったわけだけど。

それにしてもよくできたゲームだ。

信玄でクリアするのもかなり楽しい。

ふぅ、ゲームのやり過ぎで疲れた。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

エッセイ「床屋か美容院か」

昨日の夜中に今日もがんばるぞ!と意気込んだのはよかったのだが、今日は大したことはできていない。

床屋へ行って帰ってきてお昼を食べてからベクトルの勉強をやった。

まあ、大学レベルの数学の勉強だと思う。

基礎だからスイスイはかどって1時間足らずで終わってしまった。

結局、その後、「信長の野望・創造」で遊んでしまった(汗)

明日は行列の勉強である。

たぶん、これも大学レベル。

ゆくゆくはやらないといけないことは、このベクトルや行列の知識をロボット設計に応用すること。

ただ、基礎が分かってしまえば、案外うまくいくであろうと甘く見ている。

今日はベクトルの計算だけでは勿体無いから夕食後に電気回路設計の勉強もしようと思う。

でもって、今日はエッセイも書いたのでホームページのほうへUPした。

読んでくれる方は本体ホームページのほうへ飛んでください。

エッセイのページの「床屋か美容院か」というタイトルです。

長文ではありません。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

疾風怒涛の一日

先週の日曜日に水筒を買ってきた。

ロフトに見に行ったが、高いだけで気に入ったものがなかった。

それなら近所のアピタというショッピングセンターで買ったほうが安いと思いアピタへ行った。

すると、品揃えは結構あって値段もお手ごろ。

でも700mlほど入る水筒が欲しかったのだがなかった。

で、代わりに600mlの水筒を買うことに。

もちろん、保温&保冷が効く水筒である。

で、今週から会社に持って行っている。

いつも紅茶を入れていく。

そして、この水筒、保温能力が極めて高い。

夜の7時になっても結構温かいのだ。

で、毎日一息入れたいときにぐいっと紅茶を楽しんでいる。

ところが、今日は一息入れる瞬間がなかった。

次から次へと急ぎの仕事が舞い込んできて、気付いたら18時である。

お昼はお茶を飲んでいたので持って行った紅茶は飲まずじまい。18時まで。

で、定時になってからようやく紅茶を飲んだ。

凄い保温能力だなと思うのは、18時に飲んでも温かいというより熱かったから。

それにしても忙しい一日だった。

というか、現在午前0時を過ぎているではないか。

現在、久しぶりにブルックナーの5番を聴いている。

第2楽章。

演奏はカラヤン&ベルリンフィル。

真夜中にブルックナーを聴いている。

いつもなら真夜中に音楽は聴かないが、今日は何か聴きたい気分なのだ。

そういえば、最近、特別企画に力を入れているせいなのか、エッセイを書いてない。

たいしたことを書いてるわけではないので明日あたり久々にエッセイを書こうかな...

しかし、メカトロの研究というか勉強もしなくてはならない。

一応、ロボットアームを設計しようと思っているのだけど、色々調べていくうちにこれまた色々知識を詰め込まなくてはならないことも分かってきた。

勉強しても勉強しても底がない感じ。

勉強と言っても朝から晩まで勉強してるわけではないけど。

ただ、お昼の休憩中や帰宅してから練る前に勉強するというのは、じわじわ疲れが溜まってくる。

今年の1月からやっているからそろそろ疲れがどっと出て来そうだ。

疲れると言ってもイヤイヤやってるわけではなく、結構楽しんでやっているから途中で投げ出すということにはならない気がする。

というか、必ず設計してやるつもりでいる。

あわよくば、試作品も作りたいと思っているほど。

しかし、今は多くの知識を身に付けるのと情報を収集して土台を作ることに専念せねば。

さあ、明日もがんばるぞ!

というか、今日か。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

特別企画 第3回 ベートーヴェン交響曲第5番

今週は疲れました。

仕事を随分急かされました。

昨日などは、客先に図面を提出したのは夜8時半でした。

客先の担当者は、今日も出社するのだとか。

まあ、私も出社しろと言われれば出社しますけど、特にそのようなことはなかったので休みました。

今日は、清々しい朝です。

天気は小雨が降ったり止んだりですが、気分がなぜだかいいです。

朝からベートーヴェンを聴いてます。

交響曲第2番を聴いてます。

ギーレン&南西ドイツ放送響の演奏です。

そうなんです。

全集を買ってしまったのですよ。



特別企画「ベートーヴェン・鈍行の旅」も第3回を迎えました。

今回、取り上げる曲はベートーヴェンの交響曲第5番です。

この第5番には、緻密に練られたストーリーが存在するのを知っているでしょうか?

そのストーリーを知った上で聴くと感動も一塩です。

今回は自信ありの内容となってます。

是非、本体ホームページへ飛んでお読みください。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。