クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

特別企画 番外編 第一回

近況報告。

今年の個人目標の「メカトロ設計をものにする」は順調です。

とりあえず、C言語の基本は分かりました。

やはり分かり易い参考書を読むべきですね。

学生のとき、こんな分かり易い本があったらよかったのにと思います。

メカ設計はまずまずOK。

C言語も普通のプログラムであれば理解できるレベルに達したと思っています。

そして、実際の機械とソフトを繋ぐもの。

即ち、電気電子回路です。

現在、電子回路を勉強中ですが、半分ほど終わりました。

しかし、読んでいて分かったことはデジタル回路も知っていなくては話にならないということ。

とりあえず、電子回路の理解が終わったら、デジタル回路について勉強しようと思います。



さて、音楽です。

今年の特別企画。ベートーヴェン・鈍行の旅ですが、予告していたとおり番外編をやります。

今回が第一回です。

曲は、シューベルトのピアノソナタ第21番です。

シューベルトの最後のピアノソナタです。

今回も長文になりました^^

内容は、考察、思い出、CD紹介です。

文は本体ホームページにUPしております。

是非是非、本体ホームページ「ベートーヴェンD-minor」をご覧になってください。

本体へ飛びましたら、メニューバーの「エッセイ/特別企画」をクリックしてください。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

ああ..どえらいことになってしまった...

先月の後半に会社で健康診断を受けた。

会社でというか会社から近くの健康管理センターみたいなところへ行って受けてきた。

そして、今日結果が届いた。

.....

恐ろしい結果が待ち受けていた。

以前、軽度の肝機能障害という診断を下されたことがあるが、今回ははっきりと肝機能障害と書かれていた。

しかも、肝機能を推し量るいくつかのデータが軒並み基準値を超えていた。

そして、コレステロールも基準値オーバー。

しかも、脂質もオーバー。

確かに、昨年の12月あたりから急速に太った気がする。

現在の体重は70kgを超えている。

そして、健診結果には精密検査が必要と太字で書いてあった。

しかし、来月あたりまで平日は病院に行けそうにない。

とりあえずかかりつけの医師に相談することにする。

ロケットスタートを切れていい気分だったのに...一気に暗くなってしまった。

くそ~.....しかし、オレは負けんぞ!

気合を入れなおすしかない。

今後は健康にももっと気を使うようにしよう。

とりあえず食べすぎを改めよう。

絶対にオレは負けん!
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ロケットスタート

今年に入ってから、昨年の暮れに宣言したようにロケットスタートをしております。

と言っても、1月は適度な負荷程度。

2月に入ってから本格化してきました。

私は機械設計の仕事をしておりまして、機械の知識はあるものの電気電子やソフトの知識はあまりありません。

ソフトに関してはかつてC言語なるものを大学(20年前)で習ったのですが、如何せん最初からコンピューターはオレはやらないと決めていたので知識は貧弱です。

電気電子についても学科が機械系だったこともあり知識が貧弱なのです。

今までは、車関係の仕事が多かったので電気電子やソフトの知識はほとんど必要なかったです。(完全に分業化されているため)

しかし、昨年からこれでは設計が面白くないと悟り、工場などにある自動省力化装置(工場のラインの自動設備のこと)に使われているシーケンサー制御を独学で勉強しました。

おかげで自動化装置の設計も無理ではないなという感覚になってきました。

もちろん、モーターの仕組みや制御の方法も勉強しました。

で、自動化装置(メカトロ装置)は簡単なものであれば設計できると判断し、メカトロをもっと極めようと思ったのです。

そして、先週、図書館でメカトロニクスの本を2冊借りてきました。

入門書なので、先週の土日でざーっとですが読み終えました。

それで、メカトロはかなり面白い分野であることが分かりました。

しかし、メカトロはメカニクス(機械)とエレクトロニクス(電気)半々なので電気の知識が必要になってきます。

因みに工場の省力化装置以外にも家電製品もメカトロの範疇に入ります。

で、本を読んだところ、現代の機械(家電製品含む)にはマイコンが組み込まれていることがほとんどであることが分かりました。

工場の機械は違うと思いますが、家電製品にはマイコンが組み込まれていて、そのマイコンに機械の制御回路をインストールし動かしているということのようです。

昔はマイコンで制御するのではなく、電気回路で論理回路を組んで制御していたらしいです。

わけの分からないことを長々と書いてしまったのですが、要は今年はマイコンを使ったメカトロ機器を設計してみようということが書きたかったのです。

そのためには、機械、電気電子回路、ソフトの設計(C言語)、マイコンの使い方、モーターやセンサーの制御方法(ソフト?)をマスターする必要があるわけです。

機械はある程度はいいとして、電気電子とC言語は勉強し直しです。

マイコンやモーターやセンサーのソフトでの制御方法に至っては全く分かりません。

でも、今年中にはマスターしたいと思っているので、たいへんなことになりそうです。

で、本日電子回路とC言語の本を買ってきました。

戦闘開始ですね。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

特別企画第二回

本日、今年の特別企画の第二回の記事を本体ホームページにUPしました。

本体ホームページ「ベートーヴェンD-minor」へ飛んでください。




ところで、現在私は通勤で国道19号を使っている。

名古屋市内では19号は狭いところでも片側3車線はある。

そして、郊外へ出ても岐阜県に入るぐらいのところまで3車線である。

岐阜県に入っても片側2車線。

要するに大動脈の幹線道路なのである。

因みに19号は長野県の塩尻あたりで20号と繋がる。

旧中仙道沿いの道路と言えるかもしれない。

それは置いといて、困ったと言うか、「これはちょっとおかしいんじゃない?」と思えることがある。

この大動脈の幹線道路、交通量も半端ない。

全ての車線が車で埋め尽くされている。

だが、目立った渋滞にはならない。

それは、交通量が多くても車が流れているからである。

ところが、ある区間だけ渋滞というか、嫌がらせのようにちょくちょく信号に引っ掛かるところがある。

地名は「大曽根」というところ。

信号に引っ掛かるのは仕方がない。

しかし、特に幹線道路というのは各信号が連動していて、できるだけ車がスムーズに流れ渋滞が起きないように設定されている。

ところがである。

その大曽根というところのあたりには、この大動脈道路に押しボタン式でもって歩行者専用でもって他の信号に連動していない信号機が2つ3つある。

はっきり言って大迷惑である。

その界隈に到達すると、いつも車の流れが急激に悪くなる。

歩行者専用の信号を設置するなとは決して言わない。

それは別になんとも思わない。

押しボタン式でも全く問題ない。

問題なのは、他の信号と連動していないというところ。

私は、決して交通弱者を優先するという交通ルールの基本概念に反抗しているわけではない。

そして、歩行者をないがしろにしているわけでもない。

違うかもしれないが、こういう連動しない信号を設置するというのは、明らかに住民のわがままを押し通したようなことのように思える。

歩行者優先とか関係のないことだから。

なんかうまく言えないけど、おかしいと思うんだよなあ...

絶対おかしい...
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。