クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ボザールのブラームスのピアノカルテット

最近、ボザールトリオによるブラームスのピアノ四重奏曲全集を買った。

そして、1番と3番をちょくちょく聴いている。

ドーマス四重奏団による1番と3番も借りてきて聴いた。

1番はドーマスのほうは非常に暗い。

ボザールの1番は比較的明るめ。

どちらが本当のブラームスかと問われれば、たぶん、ドーマスのほうであろうと答えるだろう。

しかし、ボザールのも悪いわけではない。

なかなかである。

しかし、超速の終楽章はいただけない。

3番はボザールのほうがよい。

旋律がよく歌っているからである。

こんなにいい曲だったのかと思ったほど。

通勤で聴こうかと思うのだが、エンジン音に掻き消されるのがオチと思って我慢している。

車で音楽を聴いていて、エンジン音で聴きたい音が聞こえないときはホントもどかしい。

まあ、走っている車の中で集中して聴くことはできないけどね...
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

特別企画の番外編追加決定!

今年の特別企画である「ベートーヴェン・鈍行の旅」は始めたばかりなのですが、番外編を追加することにしました。

本編は交響曲と協奏曲ばかり選んでますが、番外編ではピアノ曲や室内楽曲を取り上げようと思います。

とはいえ、管弦楽曲ほどピアノ曲や室内楽曲は聴いていないので、そんなに記事を書くことはできないと思います。

弦楽四重奏曲は結構聴き始めましたが、ピアノ曲はまだまだです。

ある意味、楽しみはまだまだたくさんあるということなんです。

なんですが、室内楽曲は意外にも発売されているCDが少ないのが難点ですね。

もっとリリースしてくれないだろうか...

グリモーさんあたりシューマンのピアノ五重奏と四重奏をリリースしてくれそうなんですが...ブラームスとか...

ところで、最近、車で通勤しているのですが、シューマンのピアノ五重奏と四重奏のCDを車内で聴いている。

というか、聴いていた。

室内楽曲はエンジン音が邪魔してよく聞こえないので聴くのをやめてしまった。

ハイブリッド車なら聞こえるかもしれないけど...

で、よく聴いているのはブルックナーの3番。

ザンデルリンク&ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管の演奏。

この演奏はホント飽きない。

他にはベートーヴェンの交響曲第4番。

ムラヴィンスキー&レンフィルの演奏。

これも飽きない。

シューマンの交響曲1番、2番もたまに聴いている。

バーンスタイン&ウィーンフィルの演奏。

やっぱりシューマンの「春」はいい曲だね。

シューマンの交響曲中、前は第3番「ライン」が一番好きだったけど、今は第1番「春」が一番好きだな~。

まだ、冬真只中だけど、「春」を聴くと春の気分になるからなんか嬉しい。

早く春になってくれ~。

と、その前に温泉に行きたい。

冬の間に行きたいなあ...
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

結局聴けなかった

昨年の9月か10月に第9のCDを2枚購入した。

あと、エロイカのCDも1枚。

エロイカは立て続けに聴いてブログに感想をUPしていた頃だったので聞き飽きてしまい、このエロイカは聴いていない。

第9のCDは年末に聴こうと思っていたのだが、信長の野望・創造にはまってしまい聴いていない。

誰の第9かというと、フルトヴェングラー&ベルリンフィルとシューリヒト&フランス国立放送管(ステレオ)。

フルトヴェングラーのは素晴らしいのは分かっているのだが、シューリヒトのはなんとステレオなのでテンションが上がる。

でも、まだ聴いていない。

また年末までとって置くというのは、先が長過ぎて我慢しきれない気がする。

で、ヨーロッパでは第9は夏によく聴くらしいので、この2枚は今夏に聴こうかと思う。



今、シューリヒト&ウィーンフィルでブル9を聴いている。

第1楽章が終わったところ。

この第1楽章のコーダにはいつも感動するし圧倒される。

こんな凄い曲はないといつも思う。

ブルックナーの交響曲の下地はシューベルトが作ったなんて言う人もいるが、私にはとてもそうは思えない。

シューベルトはシューベルトでブルックナーはブルックナーだと。

楽想があまりにもかけ離れているから。



今年に入って元日に更新してから今日まで一度もブログを更新してないので、3連休ということもあり更新してみたのですが...

巧く文章がまとまらない...

ま、いいけどね。

ホームページの特別企画を書くときは、めちゃめちゃ気合が入るし文章も何度も見直すのだけど、ブログは気楽にやっていることなので、これでいいやってなってしまう。



お昼を食べてお腹いっぱいの状態だからか、なんか文章を書いていて気持ちがダレてくる。

そういえば、ダレノガレ明美って凄い美人だと思う。関係ないけど^^;
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

謹賀新年 新企画スタート!

明けましておめでとうございます。

年が明けました。

昨年は辛くどうにもつまらない年でありました。

が、今年は勝負の年になりそうです。

勝負というのは自分との勝負ということです。

ロケットスタートしなければいけないでしょう。

気合一発で一気に行こうと思ってます。

新企画も今日からはじめようと思います。

皆様どうぞお付き合いください。

本年もよろしくお願い致します。



新企画「ベートーヴェン・鈍行の旅/交響曲・協奏曲・ベートーヴェンにまつわる曲編」スタートです^^

長いタイトルですみません(汗)

どんな内容かと言うと、ベートーヴェンの交響曲や協奏曲、そして、ベートーヴェンと関連のある作曲家の曲を紹介していこうという企画なんです。

近況や考察めいたものや思い出や曲への想いとそして名盤の紹介を綴っていこうと思います。

全12回です。

で、第一回はブラームスです。

ベートーヴェンの交響曲と格闘し、そして見事ベートーヴェンに続く交響曲を作曲してみせたブラームス。

曲は、やはり交響曲第1番でしょう。

という訳で、第一回はブラームスの交響曲第1番について書きました。

長文です。

長いです。

お読みいただける方は覚悟?してお読みください^^

それでは本体ホームページへ飛んでください。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。