クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

腕時計 マーラー交響曲第6番/テンシュテット&LPO(’91L)

今月20日金曜日、腕時計のお店に行ってきた。お店と言っても各ブランドの正規店である。ロレックスとパネライの2店舗に行ってきた。こう書くと、私はブランド好きだと勘違いされるであろう。真逆である。では、どうしてお店に行ったかというとただ単に会社の同僚に誘われたからである。断りづらかったのである。しかし、金ぴかの世界に入ってみると確かに、魅力的な腕時計が並んでいた。しかも、ちょっとイイナと思う時計は全て100万を超えていた。恐ろしい世界である。でも、オーディオに100万つぎ込む人もいる。だから、単に趣味の違いであろう。私はオーディオには興味があるのだが、腕時計には全く興味がなかった。だが、魔力というか、見てしまうと欲しくなってくるから不思議である。もちろん、100万やうん十万もする時計買わないけど。で、5万円以内で何か良さげな時計はないものかと思い、ネットで調べてみたら出てきた。私は腕時計は5万円でも高いと思っている。1万円前後のもので十分だと思っているほど。しかも、私は腕時計は基本的にしないので腕時計を買ったのははるか以前、大学を卒業して新入社員になった夏のときである。だから1万円の腕時計を買うだけでも躊躇する。何を書きたいのか分からなくなってきたので、このへんで書くのを止めておきます。

来週というか今週の土曜からはるか遠くへの4日の出張に出かけるので、毎週末ブログを更新してきましたが、28日、29日の更新はできません。ですから、予定としては、26日、27日に更新の予定です。(更新する自信はあまりないですが)

今日のCDレビューは、マーラー交響曲第6番「悲劇的」/テンシュテット&ロンドンフィルです。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

少し申し訳ない ベートーヴェン交響曲第2番/アーノンクール&COE

最近、記事を書いていて当ブログを読みにきてくれる方に少し申し訳ないなと思ったりする。それは、曲紹介やCDレビューがベートーヴェンの曲ばかりになってしまっているからである。一番好きな作曲家であるからしょうがないと言えばしょうがないのだけど... ブログのカテゴリ欄を見るとベートーヴェンの記事が圧倒的に多いことが分かる。もっとバリエーションに富んだブログにしたいとは思うのだが、如何ともしがたい。CDレビューのストックもやはりベートーヴェンの曲が一番多い。

今日もベートーヴェンである。
交響曲第2番/アーノンクール&COEです。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

気合いが入る ベートーヴェン交響曲第3番/ワルター

最近、疲れが出てきて休日などは体がヘロヘロ状態になる。今日もそうである。起きてコーヒーを煎れて、朝の一杯を飲んで目が覚めてもすっきりしない。ところが、本体ホームページの更新をしながらブルックナーの2番の第4楽章を聴いていたら気合いが入ってきた^^ ベートーヴェンの曲から気合いをもらうのはよくあることだと思うのだが、今朝はブルックナーの曲から気合いをもらってしまった。どうしてブルックナーの曲で気合いが入ったのか考えてみた。

ブルックナーの曲は崇高さを感じる曲が多い。この崇高さが気合いが入った所以ではないかと思う。ブルックナーの曲を聴いていると、ダレてしまった気持ちがブルックナーの「崇高さ」に感化され「崇高にありたい」と思ってしまう。それにより自然と気合いが入ってくるのだという結論に達した^^ ベートーヴェンの曲から受ける気合いとは少し違うのではないだろうか。

今日のCDレビューはベートーヴェン交響曲第3番「英雄」/ワルター&コロンビア響です。
本体に飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

革靴 5900円 ベートーヴェン

もう珍しくもなんともないのかもしれないが、合成皮革ではなく革の靴が5900円という安さで手に入るようになっている。アメリカのメーカー、ロックポートのカジュアルの革靴なのだが、なかなか良いデザインと思い値段を見たら5900円となっていたから即決で買ってしまった。昨日のことである。その靴屋は大須という所にある店なのだが、すぐそばにABCマートともう1軒靴屋が並んでいるという状況の中で営業している。この靴屋では以前にも本革のビジネスシューズを3900円で買ったことがある。掘り出し物が多いお店なのだ。しかし、店が小さいこともあってかABCマートに完全に押されてしまっている。それでも私のようなリピーターがちょくちょく来店しているのではなかろうか。つぶれることなく営業しているのだ。

そういえば、またHMVでCDを買ってしまった。で、よくよく考えてみたら数ヶ月前に買ったシューリヒトのブルックナーの9番をまだ聴いてなかったと思い、あわてて聴いてみた。凄い!の一言。まだ、カラヤン&BPOのCDは聴いていないのだが、いまのところNO.1の演奏である。

そういえば、調子悪かったアンプがとうとう本当に壊れてしまった。で、結局再びパソコン用アンプ内蔵スピーカーで聴いている。でも、スピーカーのサイズは非常に小さいのだが、音はサイズの割りには良い音がしている。

今日のCDレビューはベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲とピアノ協奏曲第1番です。
本体へ飛んでください。
ヴァイオリン協奏曲
ピアノ協奏曲第1番
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

サンダル ラフマニノフ 交響曲第2番

今日は7月1日ということで.....もう夏です!
夏の履き物と言えば、サンダル。
足が涼しいですよね。
昨夏の終わり、私は10年以上履いたサンダルを捨てました。
もうボロボロで、さすがにいい加減買い換えたらと言われました。
愛着があったというわけではないのですが、気がついたら10年以上履いていたのでした。
で、今日、そろそろサンダルを買わなきゃなと思いたち買ってきました。
ダンロップのこんな感じのヤツです。
ダンロップ サンダル DUNLOP M28 メンズ スポーツサンダルダンロップ サンダル DUNLOP M28 メンズ スポーツサンダル
()
DUNLOP ダンロップ

商品詳細を見る

かかとも固定するタイプですので車にも乗れます。
因みにサンダルってどこが発祥の地か知ってますか?
ヨーロッパと思われがちなんですが、実はアラブなんです。
アラブのどこか忘れてしまいましたが、紀元前の遺跡にその当時の人々のサンダルの足跡が残っているそうです。
日本の履き物と言えば、下駄ですよね。私は子供の頃、興味があって友達と共に下駄を買ってもらい履いていたことがあったのですが、ハナオが足の親指と人差し指の間に食い込む構造になっているので走ると拷問のように痛いです。サンダルは2千年以上の歴史があります。足が非常に楽なんですよね。履き続けられることが下駄を履くとよく分かります。

さて、今日はラフマニノフの交響曲第2番です。以前紹介している曲なんですが、書き直して再UPしました。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。