クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ベルリンフィルコンサートFM放送

NHKも9月からネットラジオを放送し始めた。
本日のNHK-FMで放送されたのは今年2月10~12日に催されたベルリンフィルのコンサートである。
ネットラジオもNHK-FMと全く同じ番組となっている。
で、コンサート後半のシューベルトの「グレート」だけ聴けた。
感想はというと、第一楽章冒頭を聴いたら「あ、これはベーレンライター版かな」と思ったのだが、違うようでもあった。どっちなのか素人の私にはよくわからないのだが、どちらにせよ凄演だったことは確かである。第1楽章から快速に飛ばしていくのだがカラヤンとは明らかに違う。何もカラヤンと比較する必要などないが、私の知っているこの曲で快速に飛ばすマエストロと言えばカラヤンだからどうしても比較してしまうのである。カラヤンの場合はあっさりしすぎている印象を受けるが、今日放送されたラトル/ベルリンフィルの演奏は濃い味つけだ。しかし、濃いのだけど粘性はなくって調度よいバランスだった。かなりいい線いっていたと思う。感動できたし。ラトル/ベルリンフィルの「グレート」のCDは既に発売されているのは知っている。欲しくなった。ただ思うにフルトヴェングラーやカラヤン時代のベルリンフィルとはやはりレベルが違う気がするのは私だけか。

それにしても、ネットラジオは私にとってはかなり嬉しいサービスである。というのもラジオを良い音質で聴ける環境にない為、NHK-FMでいい放送があっても今までは聴けなかったからだ。でも、NHKのネットラジオを今日聴いて、音質はあまりいいとは言えないなとは感じた。これから音質が向上していくことを願っている。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

なかなか聴けない

ゲヴァントハウス弦楽四重奏団のベートーヴェン弦楽四重奏曲全集を買って1ヶ月以上が経つけれど、未だ全曲聴けていない。全部聴いてしまうと楽しみが無くなってしまうようでなかなか聴く気にならない。と思っていたら、この全集の存在を忘れてしまっていた。同じ頃にワーグナーの「ラインの黄金」のDVDを買ったのだけど、これもまた忘れられた存在に。なんか観るのがもったいない気がして。DVDは年末に見ようかなと思うけど、ベートーヴェンの弦四全集は秋のうちに聴きたいと思っている。

などとどうでもいいことをつらつらと書き込んでいるのだけど、ここらで止めておきます。

エッセイを書きました。
標題は「避けては通れない作曲家」です。
本文は本体ホームページに書いてあります。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

台風15号が長い夏を終わらせて急激に秋になったのですが、秋と言えば食欲の秋。ま、私は一年中食欲はあるのですが。それは置いといて当然まだまだ冬ではないけれど昨日は鍋をやった。鍋と言っても全国的に食べられている鍋ではなくて、鶏チャン鍋という私の住んでいる地域独特の鍋。独特と言っても特別なときに食べるだとか具だくさんといったものでもない。私が住んでる県は愛知県なのだが、愛知県は工業が盛んな県なのだけど、農業も盛んでキャベツは全国出荷量NO.1。他にも全国NO.1の野菜はあったのだけど忘れてしまったので書かない^^;キャベツがNO.1ということが、この鍋に起因しているのかどうかは分からないけど、この鍋の具は鶏肉とキャベツのみ。たったの2種類。でも凄く美味しいのだ。一応レシピを載せておく。

1.鍋に水を張り、ザラメ(砂糖)と投入。
2.水を沸騰させてコンソメを投入。
3.そこへ一口サイズに切った鶏肉とざく切りのキャベツを投入。
4.ふたをしてじっくり煮込む。
5.煮込んだ後、味付けは味噌。味噌を投入してまた煮込む。(味噌は少し多めに入れる)

以上。
非常に簡単で美味しいですよ。私の住んでる地域の味噌は赤味噌です。ですから当然赤味噌の味なのですが、白味噌でこの鍋をやったことはないので、白味噌で美味しい鍋になるかは分かりません。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

今日はポトフ ベートーヴェン ヴァイオリン協奏曲/シェリング

今日はポトフを作りました。
ポトフって簡単で美味しいですよね。
カレーライスより簡単だと思います。

レシピを簡単に書くと

鍋に水をはる。(適当な量)
野菜を大きめに切って、鍋にほうりこむ。
(私は玉ねぎ、にんじん、じゃがいもを入れる)
肉は手羽元(骨付き)。
手羽元に熱湯をかけて、その後鍋にほうりこむ。
鍋を火にかける。
沸騰してきたらコンソメと塩を入れる。
(手羽元の骨からもダシがでるけど、コンソメを入れた方が美味い)
弱火でコトコト煮込む。
(私は1時間くらい煮込む)
最後は塩コショウで味をととのえて完成。

これからの季節、ポトフはバッチリ合いますよ。

今回ご紹介する演奏はシェリングのベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲です。
シェリング最高。
本文は本体に書いてあります。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

本物カルボナーラ

今日は本物のカルボナーラを作って食べた。やっぱり美味い。邪道カルボナーラより当然美味かった。

台風のあとということもあるし、もうすぐ彼岸ということもあり、急に涼しくなりました。涼しくなった影響はないのだけれど、今日は夜サイクリングは止めました。なんとなく走る気持ちにならなかったのです。そういうときってありますよね。

今日は特に書くことが無くてこのくらいでやめておきます。できるだけ毎日更新するって決めたので一応更新です^^
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

怖かった ベートーヴェン「英雄」/ラトル&VPO

今回の台風は怖かった。というかいつも怖いけど今回は特に怖かった。自分の住んでる地域の雨は確かに大降りだったのだけど、あたり一面水浸しなんてことにはなってなかった。にもかかわらず、避難勧告が出た。どういうことかネットで調べてみたら、名古屋市の西方を流れる1級河川庄内川の水位が危険水域を超えたというのだ。危険水域と言ってもまだ余裕あるんじゃないかと思っていたのだけど、ネットで公開されていた写真を見てビックリ。もう後1mか2mで水が堤防を乗り越えてしまうところまできていたのだ。川が氾濫するなんて経験はないし床上浸水も床下浸水も経験したことないし、もちろんそんな経験したくもないのだけど、ひょっとするとそういう恐ろしい事態になるのではないかと心配だった。ホント怖かった。

今回ご紹介する演奏はラトル/VPOのベートーヴェンの「英雄」です。
本文は本体に書いてあります。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

いまさら ベートーヴェン交響曲第1番ラトル/VPO

今更ながらラトル/VPOのベートーヴェンの交響曲を紹介しようと思います。
なんてたって名演ですから!
しかもライヴだと言うんですから凄いとしか言いようがないです。
全集が欲しいんですけどダブるのがいやで全集は買ってないんですよね。
でも、1番3番を聴いたかぎり凄くいいんですよ。
飽きるほど聴きました。ホントに。

という訳で今回紹介する演奏は
ラトル/VPOでベートーヴェンの交響曲第1番です。
本文は本体に書いてあります。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

美味しかった

昨日の宣言どおり、今日のお昼は邪道カルボナーラを作った。
美味しかった^^
作り方は昨日の記事で紹介?したので書かないことにする。

新しいフライパンを買ったこともあってか作るのを結構楽しめた。
フライパンを買いに行って驚いたことは、IH専用のフライパンが登場しているということ。
何が違うのかよく分からないけど、ガスコンロ用フライパンとほぼ同じ品揃えであった。IHクッキングヒーターって結構普及してるんだろうか。

買ったフライパンはもちろんテフロン加工なのだけれど、欲しかったのはよくプロの料理人がテレビで使っている銀色のフライパン。
高いのだろうか?
たぶん、高いのだろう。
でも、銀色ということはテフロン加工をほどこしていないのではないだろうか。
テフロンなしのフライパンはすぐ焦げてしまいそうだが、銀色のフライパンはどうなんだろう?

今、Rシュトラウスの「ティル」と「ツァラ」を聴いているのだけど、演奏はカラヤンではない。
最近、購入したアシュケナージ/チェコフィルのCD。
どうしても欲しかったのだ。
数年前、タワレコで試聴したときに凄いと思ったのに買わなかったからずっと後悔していた。
数年後、HMVオンラインで探したら、SACDになっていて少し高価だったので、買うのをとまどっていた。
最近、意を決してヴァントの「グレート」と一緒に注文したのだ。
で、感想は凄くいいです。録音も非常によくて様々な楽器の音がよく聴こえる。
アシュケナージ/チェコフィル最高。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

邪道なカルボナーラ

私はカルボナーラが大好きである。見た目も真っ白な上に少々のコショウがちりばめられていてなかなかよい。味もチーズが大好きな私にとっては最高の味である。

そんな大好きなカルボナーラを自宅でも食べたいと思い、数年前のことだがネットでレシピを調べた。そのときのレシピでは、

1.切り分けたブロックベーコンをフライパンで炒める。
2.フライパンに牛乳を入れる。
3.牛乳が沸騰したら、クリームチーズとカマンベールチーズを入れてとろけさせる。
4.チーズが溶けたところで、茹でたパスタをフライパンに入れ混ぜ合わせる。
5.混ぜ合わせたパスタに塩をふる
6.卵黄とパルメザンチーズとコショウをよく混ぜ合わせソースを作る。
7.パスタがある程度冷めたところでソースと混ぜ合わせて完成。

となっていた。

そのとおりに作ったら、まあまあ美味しいと感じるレベルの出来ではあったが、コテコテのパスタになった。
当然と言えば当然でチーズが多すぎるのである。
また、パスタの冷えぐあいがあまかったらしくソースの卵黄がところどころ固まってしまっていた。
失敗と言えば失敗。
でも2度目に作ったときは、成功した。でもコテコテ。
そこで、私は考えた。コテコテを解消したいと。
まず、やったことは手順3でのカマンベールチーズを省いた。
それでも、コテコテ。
次にやったことは、手順6のソースを作るのをやめて、パルメザンチーズとコショウのみとした。
コテコテは解消された。しかし、コクがなくなった。
そして、次にやったことは、手順3でコンソメを入れた。
まあまあ美味しくなった。
しかし、邪道なカルボナーラである。
でも、カロリーは抑え目です。
まとめのレシピをこの下に書いておこうと思ったけど、作ってみる人はいないだろうから止めておく(笑)
明日は、正式のカルボナーラを作るつもりである。牛乳も使わなければ、クリームチーズもカマンベールチーズも使わない。
どんな味になるか、ちょっと楽しみだ。
と思ったけれど、クリームチーズが1食分あまっているので明日も邪道カルボナーラを作ることにする。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

恐怖の自転車 シューベルト 「グレート」/セル&クリーヴランド管

今年の6月あたりからお腹の脂肪燃焼のために毎日のように夜サイクリングをしているのですが、夜サイクリングは危険がいっぱいだな~とつくづく思います。まず、夜サイクリングなので、先が見えにくいんですよね。さらに夜なのに、高校生が携帯をやりながら自転車をこいでいるんですよ。おそろしかったのは、対向の自転車がこちらが避ける方へどんどん近づいてくるんです。ニアミスですよ。おかしいなと思っていたら携帯をやってるんですよ。で、すれ違いざまに一言「あぶねー!」と怒鳴ってやったんですけど、私の声すら聞こえていないようでした。車道を走れば歩行者や高校生とぶつかりそうになるなんてことはないんでしょうけど、夜の車道はヘタしたら車にひかれてしまうでしょうから車道は走れない。そもそも自転車を買うときにどんな自転車にしようか考慮したとき、歩道の段差でもあまり振動のこないマウンテン系の自転車にしたわけです。ですから、歩道を走っているわけなんです。

また、マウンテン系の自転車は前傾姿勢になるので目線の先が数メートル先の地面なんですよね。だから、夜などは対向の自転車や人の存在に気づくのが遅いんです。で、目線の先が遥か前方を見渡せるように首を持ち上げていても、つい首がさがってきてしまうんです。今のところ、1度もぶつかっていないのですが、自転車に乗りながら携帯をやるのはホントやめてほしいです。あっちよれよれ、こっちよれよれしながら近づいてくるので非常に怖いです。

もっと怖いのは、携帯をやりながらダンプを運転している人。ここで言う携帯をやるとは、携帯電話で話すということではなくて、携帯の画面を見てメールなどをやっている人のことです。話すのとは違い携帯の画面を見るので、前方を見ないで運転していることになるんです。私は3度見かけています。あんなデカイものが信号無視や対向車線にはみ出してくることを考えると恐ろしくて車の運転などできないです。

今日紹介する演奏はセル/クリーヴランド管のシューベルトの交響曲第8番「グレート」です。
この演奏はパブリックドメインとなっているので無料で聴けます。
本文は本体に書いてあります。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ

更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

チェリビダッケエディション第1集

欲しいと思っているCDがある。それはチェリビダッケエディション第1集である。発売日は10月17日。まだ、1ヶ月以上も待たねばならない。しかも発売日が延びるなんてことはよくあるのでひょっとすると今年ギリギリの発売になるかもしれない。

この第1集の収録曲は、ベートーヴェンの交響曲全曲、ブラームスの交響曲全曲、シューベルトの「グレート」、シューマンの交響曲2、3、4番、他となっている。ブラームスの交響曲第2、3、4番は持っているので、この第1集の目玉は既に持っていることになると思う。しかし、この全集の半分以上を占めているベートーヴェンの交響曲が実は目玉なのかもしれないと考えると、私にとって、この第1集はますます買いということになるのだが、チェリのベートーヴェンの交響曲は凄いという噂は聞いたことがないのである。

3000円と安いから買うことに決めているのではあるけれど、やっぱりハズレは買いたくはない。どなたかチェリのベートーヴェンを聴いたことのある方はいらっしゃらないだろうか?ほとんどいいことばかり書いてあるHMVのレビューは当てにならないのだ。

更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

無料音楽再生ソフト

初心に帰って、ブログをできるだけ毎日更新していこうかなと思うのですが、いかんせん毎日ネタを探すのがたいへんで毎日更新は無理っぽい。のだが、ダイエットのことを書いていけば毎日更新は可能であることは経験上分かっている。のだが、ダイエットブログは飽きてしまって書く気にならない。

さて、どうしたものか?

音楽ブログなのだから、音楽に関することを書けばいいのだけど、本体ホームページを毎日更新するのは絶対不可能なのだ。で、思いついたのは、ツイッターのように短い文で更新してみようかと。でも、あまりにも短い文章だと私は書いた気にならないのだ。

今日は、ネタがあるので、それについて書こうと思う。

といってもたいしたネタではないのだけど。

昨夜はなかなか寝付けなくて、真夜中にネットで無料の音楽再生ソフトを探していた。以前の記事で「Frieve Audio」なるソフトが満足だなんて書いたのですが、Windows7に対応しきれていないのか分からないけど、mp3などの音楽ファイルを認識したりしなかったりで、聴きたい曲が聴けないという事態に陥っていたのです。そこで、高音質で「7」に対応した再生ソフトはないものか?と探していたら.....ありました

AIMP3というソフトです!

このソフトを紹介していたサイト(個人サイト)では、6種類のソフトを聴き比べていたのですが、「Frieve Audio」の音質は第2位でして、第1位となっていたのが、このAIMP3というソフトでした。で、早速インストールして聴いてみた結果はFrieve Audioと同じくらいの高音質かなと思います。紹介していたサイトにも書いてありましたが、高音質にするためには、結局ハードを変えないといけないということです。もっともな話なんですが、ソフトでも差は生じますのでこのソフトはお薦めということになります。

今現在、ヘッドホンでサンサーンスのピアノ協奏曲第4番を聴きながら更新しているのですが、結構満足しています。使い勝手もいいソフトだと思います。何といってもフリーですから開発者には感謝ですね^^

あ、そうそう日本語にも対応していますよ。開発者はロシア人っぽいのですが、英語とロシア語はもちろん、多数の言語をサポートしてます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

低反発枕 ブラームス 交響曲第4番 チェリビダッケ/MPO

先月の話なのだけど、枕を変えた。
変える前に使っていた枕は、低反発枕と言って寝ると頭が枕にフィットするようにふんわりと沈み込んでいくタイプ。
ところが、この低反発枕、確か3000円ほどで安いと思ってニトリで買ったものなのだけれど、冬になるとカチカチになって高反発枕と化すのだ。しかも、枕の高さが低くて寝にくい。今にして思うと、ただ安いというだけで買ってしまったことを後悔。お値段以上などといううたい文句でCMをやっているが、それはどうなんだ?と思う。また、クッションもニトリで買ったが、1年でペシャンコになった。
で、今回はイオンで枕を買った。低反発枕も売っていたが、苦い経験があるので、それを買うのはやめた。今回買った枕は小さい柔柔(やわやわ)のパイプが詰まっているもので、高さ調節もできるという優れもの。さらに、枕の中心が凹んでいて頭が枕にフィットする。今回は寝具売り場で実際に寝てみてしっかり確認をしたのでOK。寝やすいです^^

さて、今回ご紹介する演奏はブラームスの交響曲第4番でチェリビダッケ/MPOです。
最高のブラ4だと思います。
本文は本体に書いてます。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

懐かしの曲 グレン・ヒューズ Talkin' To Messiah

昨夜は、最後までサッカー日本代表のウズベク戦を観ておりました。印象として、相手選手が試合に集中していい動きをしていたのに対し日本代表は何やら動きが鈍かった気がします。ウズベクの選手はそれほど巧い選手はいないなーと思いながら観ていたのですが、なかなかどうしてこぼれ球をうまく拾ってましたね。とくに前半はことごとく拾われていたと思います。ただ、ピッチの状態があまりにも悪かったのですが、そのピッチ上で後半同点に追いついた日本代表はやはり強いなーという印象が残りました。岡崎選手のダイビングヘッドは凄かったですね^^あと、ゴールキーパーの川島選手もまたまたスーパーセーブを連発してました。川島はホント凄いキーパーだと思いますね。

さて、今回紹介する曲はクラシックではありません。
ロックとソウルの中間といった曲です。約20年前の曲です。
本日、どういうわけかこの曲が久し振りに聴きたくなりYOU TUBEで探して聴きました。
やっぱり、グレン・ヒューズはいい声してます。歌も巧いと思いますね。楽曲もカッコイイですよ。
是非、聴いてみてください。

更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

日本劇的勝利! ドヴォルザーク/ヴァイオリン協奏曲

昨夜は忙しかった。
というのも世界陸上を見ながらサッカーWカップ3次予選を観ていたからだ^^;
私の場合、スポーツはリアルタイムじゃないと見る気がしないので、たいへんだった。
ボルトの走りは絶対見たかったのだ。
ただ、サッカーを見る方をメインとしていたので、サッカーを見入っていたら、リアルタイムでボルトの走りを見ることが出来なかった。
結局、ボルトの走りはVTRで見ることに。
それでも、ボルトの速さには感服した次第だ。余裕の1着。
今日は200mの決勝があるので絶対に見逃すわけにはいかない。
サッカーの方は後半ロスタイムに先制点を入れるという劇的な勝利。
思わず部屋でガッツポーズをしてしまった。もちろん声も出てしまった。
吉田!やるじゃないか!

さて、今回紹介する曲はドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲です。
本文は本体HPに書いてあります。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。