クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

久々のラーメン

昨夜、無性にラーメンが食べたくなり、以前から気になっていたラーメン屋へ行ってきました。

実は、昨年末にもラーメンが無性に食べたくなり、夜更けにラーメン屋に行ってきたのですが、写真を撮るのを忘れて記事にできませんでした。

昨年末、食べに行ったお店は「藤一番」です。

食べたのは、塩ラーメンとピリ辛のから揚げ。

から揚げが美味かったのですが、熱々で出てきたため、上あごの皮がめくれてしまいました。

さて、今回食べに行ったお店の名前は、「ラの壱」というお店。

なんと9店舗構えているラーメン屋です。

001.jpg

写真の看板にあるとおりとんこつラーメンです。

注文したラーメンは、「もと味」という一番シンプルなラーメンです。

630円。

麺は細めんで、チャーシューは口の中でとろけました。

チャーシューが特に美味しかったです。

002.jpg

スープはとんこつですが、結構あっさりしていて全て飲んで完食しました。

「ラの壱」のホームページがあるのでリンク貼っておきます。

ラの壱
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

溢れる詩情 シューマン ピアノ協奏曲 アシュケナージ/シーガル/LSO

まず、昨夜仕入れた情報から。

昨夜、いろんなブログを拝見しておりました。

そうしたら、爆音!!クラシック突撃隊♪ブログ(リンク済)というブログの記事でなんとライプツィヒゲヴァントハウス管の演奏が無料で視聴できるサイトがあるとのこと。

で、早速そのサイトへ飛んでいってみたら、なんと!ゲヴァントハウス管の公式ページじゃないですか。

ライプツィヒゲヴァントハウス管公式ページ

そのページを開くや否や即、動画が再生を始めて、カペルマイスターのリッカルド・シャイーが登場します。

演奏の曲目は、ALLドヴォルザークです。

謝肉祭、ヴァイオリン協奏曲、交響曲第7番

です。

今年の来日公演の曲目と一緒らしいですよ。

私はゲヴァントハウス管は好きなオーケストラの一つなんですが、CDは「フィデリオ」しか持っておりません。

オーケストラの優劣は弦楽器で決まるといわれていますが(誰が言った?)、ゲヴァントハウス管の弦楽器群は、評判どおり凄いですよ。透き通ってます。

また、管楽器もそつなく上手いです!

これからも、ちょくちょくコンサートの模様をUPしてほしいと思います。

ゲンヴァントハウアス管の映像なら毎回見ると思います。

でも、この映像、何故アップしたんでしょうね。

日本でのチケットの売れ行きが思わしくないからでしょうか。

確かに、ベルリンフィルやウィーンフィルのコンサートと同じ観客の入りというわけにはいかないでしょうけど。

ゲヴァントハウス管の知名度はすこぶる高いと思います。

ところで、シューマンのピアノ協奏曲です。

またか?と思われるかもしれませんが、再びシューマンのPコンです。

今月に入って、この曲のCDレビューは3記事目です。

シューマンのピアノ協奏曲のCDレビューを書き溜めておいたので、いっそのこと全部UPしてすっきりしちゃおうかなと。

演奏はピアノ:アシュケナージ、指揮:シーガル、管弦楽:ロンドン響です。

本文は本体に書いてます。

本体HPへ飛んで下さい。

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

シューマン ピアノ協奏曲 フライシャー/セル/クリーヴランド管

暖かくなってまいりました

本日は夜ウォーキングをしてきたんですが、私と同じくウォーキングをされてる人もちらほらと出てきました。

で、その人たちの服装はというと、私と違って、春の服装でした。

私は、早朝と夜はまだ寒いかなと思って、冬用の格好でウォーキングしてます。

ですが、上は合計4枚着てますので、ウォーキングの後半になってくるとジワーと汗を掻いてきます。

3枚にしようかなと思ったりしたのですが、汗を掻くのもいいことなので、どうしようかなと。

本日は、シューマン ピアノ協奏曲イ短調をフライシャーがピアノ、指揮はセルという顔ぶれの演奏の紹介です。

やはりセルはキレがありますね。

曲がキリリと引き締まって聴こえます^^

この演奏は、著作期限切れのものでして、無料で聴けます。

タダで聴いといて言いたいこと言うのはどうかと思いますが、良い演奏なので言いたいこと書いちゃいました^^

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んでください(怪しいサイトではないです

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

嗚呼 ベートーヴェン!

昨日、コンサートのチケットを買ってきた。

曲目はマーラーの交響曲第2番「復活」。

オーケストラは新名古屋交響楽団。

アマオケである。

公演日は3月6日。

今年もマーラーイヤーなんですが、名古屋ではマーラー音楽祭と銘打ったお祭りが催されてます。

内容は、毎月マーラーの交響曲をアマオケが演奏するというもの。

私は、マーラーの交響曲第2番が大好きでして、いつか生で聴いてみたいと思っていたので丁度よかったです。

ただ、この曲90分ほどの大曲なので、アマチュアのオケで大丈夫かな?と少し心配です。

この曲、しかも金管がかなり活躍する曲でもありますので、音が裏返ったりするのかなあなどと今から心配しております。

当日券で十分かなと思っていたのですが、前売り券は200円お得なのと、なにより良い座席の確保がしやすいので前売り券を買うことに。

そうなんです。全席自由席なので、早くから並んでいないといい席が取れないかもしれないのです。

で、前売り券を買うことに。

因みに、チケット代は800円です

そして、そして再来月のコンサートとなるマーラー交響曲第3番のチケットも買ってしまいました。

こちらのチケット代は2000円。

チケット代が少し高めであります。

第3番はいまでは2番より好きな曲ですので(いや同じぐらいかな)、こちらも期待大です。

しかも、第3番を生で聴く機会はもうないかもしれないので、尚更期待が膨らむのでした。

私は大好きな曲なんですが、一般的にはそれほど人気のある曲ではないと思うのでコンサートでやるオケが少ないと思うのです。

しかも100分かかる超大曲です。

ですから、私の期待は大きいのでした。

どうでもいいことを長々と書いてしまいました.....

ところで、本体ホームページのベートーヴェンのページを更新しました。

更新と言いますか、大幅に改定と言いますか、文章を追加しました。

ベートーヴェンの生涯についてもっと詳しく書いてもいいのではないかと思い、生涯についての文章を追加したわけであります。

書いてて、特に気をつけた点はベートーヴェンが生きていた時代はどんなだったのか。

また、生活の糧はどうしていたのか。

ベートーヴェンと関わっていた人物はどんな人だったのか。

まだまだ、書き足りない部分もありますが、かなり長文になってしまったので、ここらでUPしておこうと思います。

いずれ追加したいと思っているのは、ベートーヴェンの恋愛についてです。

私はさほど興味ないのですが、やはりベートーヴェンを語る上で外せない内容かなと思いますので。

それでは、本体へ飛んでください!(怪しいサイトではないです

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

シューベルト最高! 歌曲「アヴェ・マリア」

シューベルトと言えば、私は交響曲の「未完成」や「グレート」ばかり聴いてきました。

今、狙っているCDはブロムシュテット/ドレスデン・シュターツカペレのシューベルト交響曲全集です。

ブロムシュテットとSKDのコンビならシューベルトは期待できるのではないかと思っています

ところで、今年に入り、シューベルトの歌曲も聴こうと思い、歌曲集を買ったのですが、それが大当たりでした

そのCDには凄くいい曲ばかり入っているのです。

で、その中には紹介したい曲が何曲もあるのですが、まず、今回は超有名どころの「アヴェ・マリア」を紹介します。

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んでください。(怪しいサイトではないです

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

こりゃ芸術だね! ベートーヴェン 交響曲第7番 フルトヴェングラー/BPO

日本気象協会のWEBでの天気予報では、今週火曜日からまた暖かくなるようです

まだまだ桜前線は遠い先ですが、今年も写真に収めてこようと思います。

昨年末にパソコンがクラッシュしてリカバリを行ったので昨年撮った写真がごっそり消えてしまいました

これからは撮った写真はCDに保存していこうと思います。

10年ほど前の写真は友人がCDに焼いてくれたので消えずに持ってますが、貴重な写真となりました

たま~に、その写真もアップしていこうかなと思います。

中国地方をぐるっと一周してきたときの写真です。

今回は、ベートーヴェンの交響曲第7番でフルトヴェングラー/ベルリンフィルのCDレビューです。

1943年のライヴレコーディングなので当然モノラルなんですが、音質など気にならない芸術性の高い演奏です。

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んで下さい。(怪しいサイトではないです

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

シューマン ピアノ協奏曲 ツィメルマン/カラヤン/BPO

ま~た寒くなってきました。

こうして記事を書いていると、キーボードのキーを打つ手が冷たくて仕方がありません。

暖房をつければいいのですが、私は石油ファンヒーターを使っているため、換気をしなくてはならないのです。

換気する間、ヒーターはoffにしてますので、部屋の気温は一気に冷えます。

そして、指先もどんどん冷たくなってくるのです。

手が悴んでキーボードが打ちづらいですね。

早く春になってくれ~!

ところで、自分で言うのもなんですが、CDレビューを書いていて思ったことは、私は、結構、辛口かもしれないなと。

普通よりちょっと上手い程度の演奏では満足いかないようなことを書いてますし。

完璧な演奏でも心に訴えかけてくるものがないとか。

CD買わなきゃ良かったとか。

言いたい放題書いてます。

でも、お薦め度はそれほど辛口ではないですよ。

A-、A、A+が多いです。

BとかCは少ないです。

ですから、お薦め度は比較的甘口です。

逆に言うとBとかCランクのCDは買わない方が無難かと思います。

Sとか稀にあるS+なんかは超お薦めのCDなので是非是非聴いてみてください

もし、私が買うとすれば、SランクのCDだけです。

AランクのCDはほとんど買わないと思います。

買ってしまったものも多数ありますけど

本日のCDレビューはシューマンのピアノ協奏曲でツィメルマン/カラヤン/BPOのCDです。

今回も辛口なのか.....

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んでください。(怪しいサイトではないです

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

恍惚 マーラー 交響曲第3番 クーベリック/バイエルン放送響

マーラーの交響曲第3番は一昨年紹介してますが、人気があまりないですね。

紹介した当初は「マーラー 第3番」や「マーラー 第3番 第6楽章」で検索がちょくちょくありました。

しかし、今では全くと言っていいほどアクセスがありません。

本体ホームページの方でもこの曲の紹介はしておりますが、ほとんどアクセスがないというのが現状です。

また、「交響曲」という本を書店で見つけたのですが、マーラーの4番は掲載されていたのに3番は掲載されていませんでした。

無論、私は買いませんでしたよ(はっはっは、買ってやるものか!)

これほどの曲が何故人気がないのか?

たぶん、曲の長さもあるでしょうね。(約100分という長さ

さらには、コンサートであまり取り上げられない理由もあると思います。

アルト独唱が入りますし、少年合唱、女性合唱も入ります。(第4、第5楽章)

思うに、この第4と第5楽章がなければもっと演奏されているような気もします。

まあ、それは言ってはいけないことかもしれませんが。

なんにせよ、私はこのマーラーの第3は凄く好きなんです。

マーラーの交響曲の中で1番好きな曲は、今では第9番となってしまいましたが、この第3番は2番目か3番目ぐらいに好きな曲なんです。

そんないい曲なら聴いてみようかと思われたあなた!

初めて聴く人に言っておきたいことは、最初はたぶん寝てしまうということです。

私も寝てしまいました。

でも、分かるとすんごい感動する曲なんですよ

今回紹介するのは、指揮がラファエル・クーベリックで管弦楽がバイエルン放送響のCDです。

私はこれを聴いて恍惚としてしまいました

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んでください(怪しいサイトではないです

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

シューマン アベッグの名による変奏曲

もう春か.....と思うほど気持ちのいい天気になりました。

あの寒さがウソのようです。

桜が咲き出すんではないかと思えるほど気持ちいいですね

今年も桜を見に出かけようと思ってます。

遠出するかどうかは分かりませんが。

遠出するなら荘川桜を見に行きたいです。

久々にシューマンです。

記念すべきシューマンの作品1の変奏曲です。

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んでください。(怪しいサイトではないです

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

アクセス解析結果

2月に入りました。

本体ホームページの方のアクセス解析結果を発表したいと思います。

1月のアクセス解析結果と昨年12月からのトータルのアクセス解析結果の発表です。

何故、唐突にこんな発表をするのかと申しますと、ただやりたいからです(爆)

特に意味はありません(汗)

まずは1月の各ページのアクセス数順位です!

第10位 シューマンのページ

第9位 マーラー 交響曲第5番 シノーポリ/フィルハーモニア管

第8位 ブラームス 交響曲第3番 フルトヴェングラー/BPO

第7位 ブルックナーのページ

第6位 指揮者のページ

第5位 ベートーヴェン 交響曲第3番 セル/クリーヴランド管

第4位 ブルックナー 交響曲第8番 チェリビダッケ/MPO

第3位 マーラーのページ

第2位 ブラームスのページ

第1位 ベートーヴェンのページ

以上、1月のアクセス順位でした。

そしてそして、トータル順位は.....

第11位 バッハのページ (ふむふむバッハがじわじわ上昇してきましたよ)

第10位 チャイコフスキーのページ (全然更新していないのですが...チャイコ強し)

第9位 ベートーヴェン 交響曲第6番 クライバー/バイエルン・シュターツカペレ
    (CDレビューでたった1枚だけエントリーしてます。このCD人気ありなのかも)

第8位 メンデルスゾーンのページ (意外や意外、ベストテンに入ってますよ。私は大歓迎です!)

第7位 カラヤンのページ (死して尚この人気。凄い)

第6位 シューマンのページ (出ました、ここでシューマンですね^^)

第5位 ブルックナーのページ (ブルックナー、凄い追い上げです。5位までランクアップです)

第4位 ブラームスのページ (根強い人気、ブラームス、私も好きであります)

第3位 指揮者のページ (このページ、随分ランクアップした気がする)

第2位 マーラーのページ (前回と変わらず)

第1位 ベートーヴェンのページ (今のところ1位ですが、マーラーに猛追されてます)

以上、昨年12月からのトータル順位でした。

トータルと言ってもまだ2か月分しかデータが無いですが(汗)

さあ、来月はどうなっているでしょうか。

乞うご期待。

あ、そうそう本体ホームページの方の編集後記でベートーヴェンのページはもう更新しないなんて書きましたが、やっぱりもっと研究して更新しようと思います。こちらも乞うご期待。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。