クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

シューマン 幻想曲

今年もあと残すところ本日をいれて2日となってしまいました。

ホームページ「ベートーヴェンD-minor」を開設したのは昨年です。

そして、グーグルのアクセス解析を導入したのは今年の12月1日からです。

このアクセス解析により一番アクセスの多かったページが分かります。

1年分のデータがあればいいのですが、1ヶ月分しかありません。

ですが、ここで1ヶ月分のデータからアクセスの多かったページのランキングを発表したいと思います。

トップページや履歴のページは除きます。

それでは発表です!

1位 ベートーヴェンのページ 
(順当ですね^^)

2位 マーラーのページ 
(今年はマーラーイヤーでしたし、人気もある作曲家ですよね。)

3位 ブルックナーのページ
(意外です!ブルックナーのページを極秘に更新してからアクセスがどんどん上昇しました)

4位 ベートーヴェン 交響曲第6番クライバー/バイエルン国立管
(こちらも意外ですね~。このCDを買おうかどうしようか迷ってる方が多いのかも...)

5位 シューマン ピアノ四重奏曲バリリ/デムス
(ここで出ましたシューマン。今年はなんと言ってもシューマンイヤーでしたから。)

6位 シューマン 交響曲第2番
(またまた出ました!シューマンの曲。)

7位 シューマンのページ ←はるりんさん執筆
(ここでランクインですね。3つ続けてシューマンです)

8位 メンデルスゾーンのページ
(こちらも意外ですが、メンデルファンの私としては嬉しいです。)

9位 カラヤンのページ
(指揮者カラヤンのページです。やはりカラヤンは人気が高いんでしょうね。)

10位 バッハのページ ←たこさん執筆
(じわじわ上がってきましたよ、バッハ。更新されておりませんが人気ありますね^^)

以上、今月のトップテンでした。

各作曲家のページをもっと拡充したいと思っているのですが、なかなかできないです。

本日はシューマンの曲の紹介です。

幻想曲です。

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んで下さい。(怪しいサイトではないですよ~^^)

本体へ飛ぶ

今年のブログ更新はこれで最後にしたいと思います。

いつもご訪問ありがとうございます。

皆様、良いお年をお迎え下さい。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

由々しき事態 マーラー 交響曲第6番 エッシェンバッハ/フィラデルフィア管

パソコン買ってしまいました!

映像についてはグラフィックボードのGフォースが付いていない分スペックダウンかもしれません。

が、インターネットが非常に快適になりました。

前のパソコンを買ったのが5年前ですから、パソコンの世界では5年の進化はすごいですね。

まだ、7に慣れていないので使いやすいかどうかは分かりませんが、メディアプレーヤーはXPの方がいい音していた気がします。

これは7だとかXPだとか関係なくパソコンそのものの性能によるところが大きいのでしょうが。

ある意味、前のパソコンは相当良い製品だったのかもしれません。

これからは、捨てずにどこが壊れたのか検証していきたいと思ってます。

マーラーです。

来年もマーラーイヤーは続きますよ^^

マーラー 交響曲第6番「悲劇的」のエッシェンバッハ/フィラデルフィア管のCDレビューです。

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んでください。(怪しいサイトではないですよ~^^)

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

参りました.....

もう大丈夫だと思っていたのに...

再びパソコンがクラッシュです。

今度は重症です。

起動時にXPのロゴが出てきて、3、4秒すると例の青い画面が表示され、それが一瞬で消え自動的にシャットダウンします。

そして、再起動が始まって、XPのロゴが出てきて、再び青い画面が表示されシャットダウン...という動きを繰り返しています。

セーフモードでも同じ動きをしますので、どうしていいのか分かりません。

やはり買い替えですかね...

ハードディスクは故障してないと思います。トホホ...
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

名市大オーケストラのコンサートに行ってきました

本日は大学のオーケストラのコンサートに行ってきましたよ。

曲目は

ワーグナー 歌劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
チャイコフスキー バレエ組曲「眠れる森の美女」
チャイコフスキー 交響曲第5番

です。

指揮は磯辺 省吾氏
管弦楽は名古屋市立大学管弦楽団

まずはお礼を申し上げねばなりません。
どこのどなたか存じませんが、チケットを頂きましてありがとうございました。
もちろん、その場でもお礼は申し上げましたよ。

ワーグナーのこの曲は所々アンサンブルが難しいんでしょうね、少しブレたりしてた気がするのですが、でも総じて言うと健闘していたのではないでしょうか。

チャイコフスキーの「眠れる森の美女」は、終曲のワルツがドライヴ感(←ヘンな例えですみません)があって凄く曲が引き締まり良かったです。

そして
チャイコフスキーの交響曲第5番は、これはレベル高かったのではないでしょうか。クラリネットも上手かったですし、ティンパニも存在感がありました。金管も終楽章の終結部に近づくにつれてどんどん曲に乗っかっていって自然の呈を成していたと思いますし.....でも、なんと言ってもMVPは弦楽器でしょう!ヴァイオリンからコントラバスまで抜群の安定感であり、且つロシアの雰囲気が感じ取れるほどの演奏でありました。曲終了の「ブラヴォー」には共感できました^^

コンサートはいいですね^^
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

リラックスティー!?

先日、紅茶を購入した。

その名もズバリ
「TEAS’TEA NEW YORK」
ローズ&アップルティー
である。

画像 001


何ゆえNEW YORKなのかは知らないが、ネーミングからして甘い香りの紅茶であることは想像できる。

この商品のキャッチコピーは

甘酸っぱいアップルと華やかなローズが香るリラックスティー

とある。

別に紅茶を買ったからなんだというんだと言われるかもしれない。

しかし、この紅茶、只者ではないのである!

私が想像していた味は、アップルの香りが鼻から抜け、砂糖の甘みと相まって、まるで紅茶にぎゅうっと絞ったりんごジュースでも加え、その上にローズの香りが微妙に香る味。

う~ん、想像するだけで美味しい!

しかし、この紅茶は、その想像を完全に覆してしまった。

紅茶の美味しい入れ方が後ろに載っている。

しかし、どういう入れ方をしようともたぶんこの強烈な印象は変わらないだろう。

何が強烈かと言うと、臭いである。

紅茶を飲もうとカップを口に近づけると、ほのかに甘い香りが漂ってくる。

そして、紅茶を飲もうとカップを傾け始めたとき、第2段の香りが漂ってくる。

ん?.....甘い香りが段々強くなってきて、最後は...

汗臭くなるのである。

うぅぅ...とても飲めない...

この紅茶飲んだ人がいたらチャレンジャーかもしれない...

でも、話のネタに飲んでみるのもいいかもしれない...

私はリラックスできなかった。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

チャイコフスキー 「花のワルツ」

今日はクリスマスイヴですね。

クリスマスに似合う曲を紹介しようと思いまして、あれこれ考えたのですが、ベタな曲しか思い浮かびませんでした。

という訳で、チャイコフスキーのくるみ割り人形から「花のワルツ」です。

YOU TUBEでどうぞ。

パソコンは好調をキープしてます。今のところ。


更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

奇跡的に復活!

復活と言ってもマーラーの交響曲第2番「復活」ではありません。

月曜日にパソコンがクラッシュしたと記事に書いたのですが、寝る前にもう一度電源をONにしてみたら、正常に動きました。そこで、また「青画面」の症状になったら何もできないので、慌てて最低限のデータだけバックアップを取り、就寝。そして、2日かけて再インストールをしました。

今現在は、何事もなかったかのようにパソコンは正常に動いてます。パソコンの中もエアダスターで掃除しました。ですが、ときどきファンが異音を発するのが気になります。

再インストールしているときは、たぶん買い替えだなと思っていたのですが、どうも好調なので、バックアップを取りながら、しばらく様子を見ることにしました。

お騒がせしました

ホムペは明日か明後日に更新予定です。
ホムペのバックアップも取ることができました。ほっ。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

クラッシュしてしまいました...

クラッシュしてしまいました!

パソコンが。

前々からパソコンに禁断症状が出ていてヤバイヤバイぞと思っていたところだったのですが...

どんな症状かと言いますと、画面がいきなり真っ暗になったかと思うと青色をバックに英語の文字が画面いっぱいに表示されるというもの。

それで、その英語をネットで検索してみたら、「青画面」という症状で、ハードディスクが損傷している可能性が高いというもの。

さらに、ハードディスクが損傷していないケースもあるとか...その場合は原因究明が困難なのだとか...

私の場合は、つい20日ほど前にも「青画面」が表れたのですが、そのときは、電源を切って1時間ほど経ってから電源を入れなおしたら復旧したので良かったのです。

今回は朝、青画面が表れて、夜になって電源を入れなおしてもWindowsが立ち上がる途中で青画面が表示されるので、いよいよ本当にクラッシュしてしまったようです。

以前、青画面が表れたとき、ハードディスクの損傷チェックをしたら問題なかったので、ハードディスクは壊れていないと思うのです。

ですから、どこが悪いのかわかりません。

痛いです!

私のはデスクトップパソコンでして本体だけで5年前に約10万で購入したものです。

10万もした代物が5年で使えなくなるなんて、ちょっとヒドイ話ではないでしょうか。

買ったところに以前問い合わせたところウィンドウズが原因の可能性もあるのだとか。

う~む..........

諦めて買い換えようと思っているですが.....

今、候補に上げてるPCメーカーはHPとONKYOです。

デスクトップパソコンでお薦めのメーカーがありましたら、是非、ご教示下さい!

お願いいたします

それにしても、書き溜めたホームページ用の記事がたくさんあったのですが、ハードディスクがクラッシュしていたらおしまいです。

さらには、自宅で設計していた機械のCADデータもおしまいです...

痛すぎる!

でも、ハードディスクは無事だと思うのでなんとかなると思っています。

ところで、この記事は別のパソコンから書いてます。もちろん、私のパソコンではありません。

次、いつ更新できるか分かりませんし、いつも訪問していただいてる方のブログに訪問し足跡を残すこともいつになるかわかりません。

ホームページに至っては、更新できるのは来年かもしれません。

残念です...

次はできるだけ安いパソコンを買おうと思ってます。

はぁ...

それでは。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲

冬桜、なかなか咲かないですね~。

シャッターチャンスを狙っているのですが...

冬桜の存在に気付いたのは今年です。

昨年は全く意識してませんでした。

音楽を聴きながらのウォーキングだったからかもしれません。

今年の2月頃には、音楽を聴きながらウォーキングすることは止めました。

何故なら、目的地の公園内は静かで音楽がよく聴こえるのですが、公園に辿りつくまでの道のりで車の走行音がうるさくて。

第1楽章まるまる聴こえなかったなんてこともありましたので、止めました。

その分、景色に目がいくようになったんでしょうね。

本日も朝焼けが綺麗でした。

カメラを持っていかなかったので、朝焼けは撮れませんでしたが、またチャンスはあろうかと思います。

ところで、本体ホームページの方でドヴォルザークのページを作っているのですが、全てのページに肖像画リンクを貼るのが凄くたいへんでした。

1時間半ほどかかってしまいました

これからは、作曲家のページを作るときは、左サイドの肖像画リンクにするのはやめておきます^^;

さて、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲です。

この曲は1年以上前に紹介してる曲なのですが、ホームページに載せたいので、もう一度、この曲について書くことにしました。

本文は本体に書いてあります。

本体へ飛んでください(怪しいサイトではないですよ~^^)

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

サン=サーンス ヴァイオリン協奏曲第1番

本日はマイナーな曲のご紹介です。

とその前に、アクセス解析について。

このブログ「ぶるーのシュターツカペレ」はアクセス解析を行っております。

たぶん、HTMLを変更できるブログサービスをご利用している人はほとんどの人がこのアクセス解析をしているのではないでしょうか。

このアクセス解析は、凄いことに訪問者の訪問時間はもちろんのこと、どこのサイトから来て、去っていったかということまで分かってしまうのです。

また、去っていった先もある程度分かってしまうのです。

さらにさらに、訪問者がどこの都道府県からアクセスしているのかも分かってしまう。

しかし、このアクセス解析に引っ掛からないようにしている人も結構いらっしゃいます。

引っ掛かることは引っ掛かるのですが、アクセス解析で不明となるようにしてる人がいらっしゃいます。

それはそれで、私としてはなんの問題もないのですが。

私の使用しているアクセス解析はFC2のサービスです。

もちろん無料です。

他にも忍者解析とかもあります。これも無料です。

この忍者解析は本体のホームページの方に使用してます。

で、最近、凄いという噂を耳にして導入したのが...

Google Analytics

です。

このソフトは凄いです!

忍者解析も凄いとは思うのですが、この略して「グーアナ」は世界地図まで表示されたり、どのページが一番アクセスが多いとか順位が出てきたりします。

(順位はいずれ発表したいと思います^^)

とにかくこれでもかというぐらい様々な機能が付いていて、無料なんです。

アクセス解析を見るのが結構楽しいです!

これが言いたかっただけです。

長々と書いてすみません。

話を音楽に持っていきます。

サン=サーンスのヴァイオリン協奏曲です。

第3番が一番有名で名曲なのですが、第1番から順番に紹介していきたいと思います。

本文は本体の方に書いてます。

本体へ飛んでください。(怪しいサイトではありませんよ^^)

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

大自然 ブルックナー 交響曲第4番 ヨッフム/SKD

今日は、一段と冷え込みました。

明日から12月も後半にさしかかってまいります。

今日も夜ウォーキングだったのですが、風が段々強くなってきましたよ。

後、10日もすれば涙がちょちょぎれるほどの風が吹き出すのだろうな。

ところで、冬に咲く桜をご存知でしょうか?

いつも私がウォーキングしている公園にツボミをつけた冬桜が今にも咲き出しそうなんです。

満開になったら、UPする予定です^^

今回は、自然のネタつながりで、ブルックナーで交響曲第4番「ロマンティック」です。

指揮はオイゲン・ヨッフム

演奏はドレスデン・シュターツカペレ

本文は本体に書いてます。

本体へ飛んでください。(怪しいサイトではないですよ~^^)

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ARTE Live Web P.ヤルヴィ/パリ管

いや~~~。
凄いですね!
インターネットというやつは!
以前にも紹介した海外ネット放送を本日聴きました。
曲目は
グリーグ ピアノ協奏曲
シベリウス 交響曲第2番
です。

ピアノはエリザベス・レオンスカヤ
演奏はパリ管弦楽団
指揮はパーヴォ・ヤルヴィ
場所は、パリのサル・プレイエル

このピアニストの名前は私はよく知らないのですが、ヤルヴィとパリ管は有名ですよね。

感想はというと、グリーグのピアノ協奏曲についてはあまり好みの演奏ではなかったです。
が、シベリウスの交響曲第2番は凄いです!

パーヴォ・ヤルヴィという指揮者のスタイルが見えてきた気がしました。
テンポは早めなのですが、カラヤンのようなスタイリッシュ感とは違い、曲のオリジナリティをクローズアップさせるがため、曲が出来上がった当時にタイムスリップしたかのような錯覚を覚えます。ですから、曲からは古風な雰囲気が醸し出されています。古楽奏法とは少し違うのではないでしょうか。ヤルヴィの手腕によるところが大きいと思います。

それにしても、ヤルヴィは八面六臂の活躍をしてますね。
この演奏は今年の11月4日の演奏なのですが、今月はドイツ・カンマーフィルと来日してシューマンの交響曲全曲演奏をしてますし。
なにしろ、芸術監督や音楽監督、首席指揮者といったポジションを3楽団にわたって兼務していますから。
しかも有名どころのオーケストラばかりです。
まず、フランクフルト放送交響楽団、
そしてパリ管弦楽団、
さらにドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン。
ひょっとすると、他のオーケストラにも客演しているかもしれません。
恐るべき活動力です。

パリ管とのライヴ、お勧めですよ^^
↓にリンク貼っておきますね。(決して怪しいサイトじゃないですよ~)
まるでベルリンフィルのデジタルコンサートライヴですよ!
ARTE Live Web

はるりんさん、本当に良いサイトを教えてくださいました!
ありがとうございました!

あ、そうそう、ジュネーヴ国際音楽コンクールのピアノ部門のファイナルの演奏も聴けますよ!
優勝した萩原麻実さんのラベルのピアノ協奏曲が聴けます。
私はまだ聴いてませんが^^;

この映像なんとか保存する方法はないんでしょうか...
いずれ消されるのが勿体なくて...
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

疾風の如く ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 クライバー/バイエルン国立管(’83Live)

今朝は久しぶりに、ウォーキングに行きました。

最近は朝寒くて起きられなくて夜ウォーキングばかりだったのですが、今朝は起きられました。

何時に起きるかというと5時半です。

そして、家を出発するのが5時40分ぐらいです。

そして、自宅に戻るのは6時30分ぐらいです。

早朝ウォーキングしてる人の顔ぶれは決まっています。

決まって挨拶をします^^

ジョギングしてる人も顔ぶれは決まってます。

さすがにジョギングしてる人との挨拶はないですが、こちらも、向こうも顔は憶えてしまっているのではないでしょうか。

でも、最近はさすがに寒くなってきてますし、日の出も遅いですから、皆朝起きるのが辛いんでしょうね。

顔ぶれが減ってきてます。

もうすぐ冬至ですね。

寒さは冬至を過ぎて本格的になってくると思いますが、日は少しづつ長くなってきますから、少しはウォーキングしやすいと思います。

今回はベートーヴェンのCDです。

交響曲第6番ヘ長調「田園」作品68。

カルロス・クライバー/バイエルン国立管の1983年のライヴです。

本文は本体に書いてます。本体へ飛んでください。(怪しいサイトではないですよ~^^)

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ウィーンの風 ブラームス 交響曲第2番 ベーム/ウィーンフィル('77Live)

ウォーキングを始めて1年半ぐらいが経つ。

いや、もっとかな...

仮に1年半として、歩いた距離をざっと計算すると

なんと、

2460kmも歩いている!

日本1周までは遠く及ばないが、東京~大阪間を500kmとすると

2往復半歩いたことになります。

筋肉トレーニングもやったりして、脂肪を順調に燃焼させていったことを思い出します(←既に過去)

筋肉が付き始めて、調子に乗っていたのですが、如何せん10月の健康診断で軽い肝機能障害と出ましたので、プロテインを飲むのをやめてしまったんです。

プロテインはウェブで調べたら、意外にも肝臓に負担のかかる食べ物だということが分かりました。

それで、やめてしまったんです。

プロテインをやめたら、筋トレをやる気がなくなってしまって...

それで、現在はウォーキングのみです。

そして、本日体重を測定してみたら、な、なんと...

増えてるじゃないですか!

がーん...○| ̄|_

一生懸命体重を絞ったのに.....

全て水の泡

になりかけてる。

そうです。なりかけなんです。

体重は64.8kgです。

夏は63kgだったので、この秋で1.8kg太った計算です。

ウォーキングや筋トレを始める前の体重は確か67kgだったと思いますから、まだ、2kgの余裕代があるわけです。

1年半前は、67kgから61kgまで痩せてその後63kgをずーっとキープしていたのに。

たった3ヶ月で1.8kg増量とは...

ま、自分でも薄々感づいていたんですけどね

太っていってるって。

今現在太ってるぞ!って

カレーライスも2皿食べたりしてたので...

美味かったからどうしようもなかったのだ。(←言い訳)

食欲の秋!(←さらなる言い訳)

でも...

冬も、私にとっては食欲の冬なのだ!!

どうしよう...(←食べすぎなきゃいいことは分かっているのに..)

ふぅ...今日もお腹いっぱい食べたぞ!(←だからヤバイっての)

昨年、調べた限り約50分の歩行で燃焼する脂肪は約9g。

う~~~む。

食べちゃった以上は消費するしかないのだが。

結局、ウォーキングを地道にやるほかないです。

ブラームス。

ブラームスの若かりし頃はすらっとした好青年の印象を受けますが、年を取ってからのブラームスは太っている^^

ブラームスもまた地道に太っていったのだろうか.....

いや、私は地道に太ってはいかないですよ。たぶん.....

カール・ベーム指揮のウィーンフィルによるブラームス交響曲第2番。

’77の東京文化会館でのライヴのレビューです。

本文は本体に書いてます。

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

シューマン 交響曲第2番ハ長調

今年最後かもしれませんね。

シューマンの曲の紹介は。

シューマンの曲は今年10回記事にしています。

シューマンイヤーもあと残すところ1ヶ月切りました。

もう一度リンクを貼っておきたいと思います。
(怪しいサイトではありません。)
是非、読んでやってください^^

交響曲第3番「ライン」

交響曲第4番

交響曲第1番「春」

チェロ協奏曲

クライスレリアーナ

ピアノ五重奏曲

暁の歌

サヴァリッシュ/SKD 交響曲第1番「春」

ピアノ4重奏曲

バリリ/デムス ピアノ四重奏曲

果たして、今年のシューマンイヤーは盛り上がっていたのか?

はっきり言って、私は盛り上がっていました。

途中、気持ちがしぼむこともありましたが、終わり良ければ全て良し。

終わりとは...バリリ/デムスのピアノ四重奏曲を聴いて、最後のラストスパートが掛かりました。

凄い演奏ですよ!是非聴いてみて下さい。

どんな演奏かは、上のリンクから飛んでください。

そして、やはり、私にとって最後の最後を飾るのは交響曲ですよ!

そして、最後を飾るに相応しい曲とは...

交響曲第2番ハ長調です。

本文は本体に書いてありますので本体へ飛んでください。

本体へ飛ぶ

やっぱり、さらにもう1回シューマンの曲について書きます。

そうすれば、調度今年一杯でシューマンねたを12回記事にしたことになりますから、平均1ヶ月に1回シューマンねたを書いたという計算になります。

その方が気持ちよく大晦日を迎えられそうですから
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ウィーン! シューマン ピアノ四重奏曲 バリリ&デムス

残念でしたね。

サッカーワールドカップ招致。

そう易々とは誘致できないことは分かっていたのですが...

少し期待していたので残念です

共催とは言え1度開催してますから尚更難しかったのではないでしょうか。

オリンピックもワールドカップも誘致失敗。

やはり国を挙げての誘致じゃないと難しいのかもしれませんね。

ファンもどれほど盛り上がっていたのか分からなかったぐらいですから、一般の人は尚更盛り上がっていなかった気がします。

みんなが思ってることは私と同じだったのではないでしょうか。

一応開催国について書いておきます。

2014年の開催国はブラジル。

2018年の開催国はロシア。

2022年の開催国はカタール。

となりました。

シューマンです。

バリリ&デムスのピアノ四重奏曲の感想を本体に書いております。

(怪しいサイトではありません。クラシック音楽サイトです^^)

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

弦が優美 シベリウス 交響曲第2番 カラヤン/ベルリンフィル

今日は比較的暖かい1日であったと思う。

その割に早朝ウォーキングをサボってしまった。

朝、起きられなかったのである。

であるから夜歩く。

ウォーキングのときの服装は風を通さない昔で言うところのウィンドブレーカーのようなトレーニングウェアを着ている。

そして、これが困ったことに色が黒っぽい色をしている。少し藍色がかっている。

もっと明るい色を買えばよかったのだが、欲しかった白がなかったし、サイズの問題もあって仕方なくこの色に決定した経緯がある。

夜、黒い服装で出かけるのはあまりよくない。

というのも、いやでも闇に紛れてしまうからである。

そうすると何が起こるかというと.....

1.車のドライバーが私の存在に気づきにくい。
2.自転車に乗ってる人も私の存在に気づきにくい。
3.そして歩行者も。

要するに、人に気づかれにくいのである。

歩いている人などは至近距離にまできて私の存在に気づいて、ビックリしていたケースがある。

ビックリした人は決まって、私のことをすれ違うまでジロジロ見てくる

まるで私が悪いことでもしたかのように。

私はただ歩いているだけだ

始末に悪いのは自転車。

自転車に乗ってる人も大概、近くまできて気づく。

そうすると何をしてくるかというと自転車のライトを私の方に向けてくる。

困ったことに最近の自転車のライトは電池式のものが多いらしく(私の自転車も電池式)、かなり明るい。

乗ってる人は明るくていいのだろうけど、そのライトをこちらに向けられると眩しいのである

そして、困るどころか恐ろしいのは車である。

私は少しの期間だが、ウォーキングからジョギングに切り替えた時期がある。

今年の1月である。

信号が青で直進して交差点を走っていたら、私の方へ車が左折してきおった。

止まるだろうと思っていたら、止まらないのである

私の存在に全く気づいていなかった。

あれは恐怖体験だった

だから、それ以来私は信号があっても交差点を渡るときは、注意して渡っている。

歩行距離の約半分は片側3車線の国道沿いの歩道で、車道では車がびゅんびゅん飛ばしている。

たまに警察がねずみとりをしているほどだ。

怖い...

だから、朝歩く。

朝は歩いている人も多くて、挨拶もする。

気持ちがいいのだ。

しかし、冬は早朝は特に冷えるからな~.....

冷えると言えばこの作曲家。

シベリウス。

また出ました

今回はCD紹介です。

カラヤン/ベルリンフィルです。

本文は本体に飛んでください。(怪しいサイトじゃないですよ~。音楽サイトです)

本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。