クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

マーラー 交響曲第5番 ジンマン/チューリヒ・トーンハレ管

10月の後半に台風が来るなどということは、まず無いことだろうと思う。

今年の気候は記録尽くめなのではないだろうか。

台風のイメージというと、まだ暑い最中に襲来し、去ったあと涼しくなるというイメージが強い。

しかし、今年は随分涼しく、いや寒くなってから台風が襲来した。

で、台風が去ったあと、少し暖かくなった。

よく分からない。

ただ、過ごし易い気温に戻ったことは嬉しい。

ジンマンのマーラー5番である。

このCDはタワレコで激安だった。

500円だったか700円だったか、とにかく安かった。新譜なのに。

ワゴンセールをやっていたのである。

ワゴンの中には1番から確か7番まで入っていて、どれも激安だった。

これは買いだと思って購入しようと思ったけど、何番を買おうか迷った末、5番に決めた。

何故、苦手な5番を買ったのかは忘れてしまった。

感想はベートーヴェンD-minorの方に書いてます。

感想を読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

ラフマニノフ 交響曲第2番

調度、当ブログとリンクしているブロガーさんがこの曲を取り上げていたので私も取り上げることにしました。

この曲は、交響曲といってもマーラーやブルックナーのような盛り上がりは見せない。

同郷の先輩作曲家チャイコフスキーの交響曲のような盛り上がりもない。

ロシア風の曲とも一線を画しているようにも思える。

ラフマニノフと言えばピアノ協奏曲だが...

続きを読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

メンデルスゾーン 交響曲第4番 テンシュテット/ベルリンフィル

メンデルスゾーンが作曲した曲の中で人気NO.1の曲は何でしょう?

①夏の夜の夢
②序曲「フィンガルの洞窟」
③交響曲第4番「イタリア」
④交響曲第5番「スコットランド」
⑤ヴァイオリン協奏曲

知名度(誰でも聴いたことのある曲)では①が群を抜いている気がしますが、知っているのは結婚行進曲のみではないでしょうか。ですから人気曲かどうかは分からないといったところ。
②は、ワーグナーが唯一認めた曲です。人気もあります。が、序曲です。
③、④は素晴らしい曲で、風光明媚な曲でもあります。人気ありです。
やはり1番人気はこの⑤ではないでしょうか。何を今更。といったところ。

しかし、私の場合、少し違っています。
好きな曲を順番に書いていくと




となりまして、①に至っては全曲聴いたことすらありません。

やはりイタリアを表現し尽した感のある③が聴いてて飽きないです。
さすがに毎日聴けば飽きますが、忘れたころにまた聴くと心に響いてきます。
名曲です

と、こんな具合に勝手に順位を決めていますが、本日のCD感想は、
曲目:メンデルスゾーン 交響曲第4番「Italian」
指揮:テンシュテット
演奏:ベルリンフィル
のCDです。
感想を読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

シューベルト 交響曲第8番 テンシュテット/ベルリンフィル

ウォーキングコースの銀杏並木はまだ色づいてませんが...
秋らしくなって参りました。
気温が。

シューベルトの交響曲第8番「グレイト」
指揮:テンシュテット
演奏:ベルリンフィル
のCD感想をベートーヴェンD-minorにUPしました。
続きを読む

さらに、一度記事にしてるのですが、フルトヴェングラーとカラヤンの同曲の感想もUPしました。
よろしければ、続きをどうぞ。
続きを読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

WEBサイト製作日記

よく訪問してくださる方は、私がこのブログの他にベートーヴェンD-minorというベタな名前のサイトを運営していることはご承知くださっていることだと思う。
このベートーヴェンD-minorは今まで、曲紹介と指揮者の紹介を主軸に置いてきたが、当初の予定では、曲紹介の最後に私の独断で選んだ名演奏(名盤)の紹介文へのリンクを貼るということを考えていた。
実際には、数枚のCD紹介に終わっていた。
そこで、今回、CDの感想のページがこれから増えそうなので、見易さを考慮して、CD感想へのリンクはトップページにもつけることにした。
作曲家ごとに分かれていれば分かり易いと判断したからです。
それから、アクセスカウンターは全ページカウントできるようにしました。(ちょっと強引なやり方ですけど...)
他にも細かな修正をしました。

~ ベートーヴェンD-minorにも是非ご訪問下さい ~
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ブラームス 交響曲第1番 フルトヴェングラー/ベルリンフィル’52

寝てるときに見る夢というやつは、自分でコントロールができないところがもどかしい。

私の場合、意外にも恐ろしい夢を見ることが多い。

他の人はどうなのだろうか。

どういう夢を見ることが多いのだろうか。

私が見た夢で今でも記憶している恐ろしかった夢は2つある。

1つは2頭の虎に追いかけられるというものだ。

逃げても逃げてもどこまでも追いかけてくる。

梯子を登ってビルの屋上に上がっても虎も登ってくるというもの。

もう一つは火事の学校の中に取り残されるというもの。

今日見た夢は恐ろしい夢ではなかったが、少し変わった夢だった。

短い夢で断片的にしか憶えていないのだが、1番印象に残っている断片は、注文していたCDが自宅に届き、CDを聴き始める。

そして、聴き始めたらありえない演奏が始まった。

普段、聴いてる演奏では聴こえてこない旋律が聴こえる。

こんな旋律がウラで奏されていたのかと...

実際は奏されているわけないのだが...

今現在注文しているCDはない。

けど、買おうと思っているCDは3枚ほどある。

夢にでてきた曲は買おうと思っているCDに収められている。

ありえないけど正夢だったら面白い。

ところで、フルトヴェングラー/ベルリンフィルによるブラームスの交響曲第1番を聴いた。

素晴らしい演奏だった。

是非、続きを読んでいただきたい。

続きを読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

激烈 ストラヴィンスキー 舞踊音楽「春の祭典」

高揚、恐怖、激烈。

この曲にはこんな言葉が相応しい。
第1部の終曲あたりなどは、物凄い高揚感。
第2部での恐怖。
曲全体を通しての激烈さ。

続きを読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ブラームス 交響曲第4番

この曲は以前紹介しているが、もう一度紹介します。

何故もう一度紹介するのかと言えば、当ブログではなくホームページの方にこの曲の解説を追加するので、その関係上ブログで取上げることにした。非常に気に入ってる曲ということもあります。

続きを読む

ところで、健康診断の結果が出た。

メタボではなかった。

メタボリック症候群ではないことは良かったのだが、ALT(GPT)が基準値を上回ってしまい、軽度の肝機能障害であるとの結果が出た

正直、凹んだが、凹んでいてもしょうがないので、「再検査をお勧めします」となっているので、再検査を受けることにした。

この先は、再検査→診察となるのだろうか。

なるんだろうけど、健康の為になることはやっているつもりなので、今何かをやり始めるということはない。

今までどおりの日常を過ごすのみである。

禁酒ぐらいかな。

でも酒はほとんど飲まないので禁酒も何もないけれど。

軽度とは言え肝機能障害か~.....ショックだ.....年かな...
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

サッカー日本代表 韓国戦

サッカー日本代表の韓国戦を観た。

アウェー戦で試合が行われたスタジアムは韓国のワールドカップスタジアム。

結果は0-0の引き分け。

後半の後半に韓国に押し込まれるときがあったが、観ていて守備は安定しているように見受けられた。

日本は守備のチームになったのかは分からないが、前にも増して守備はよくなっている。

日本に決定的なチャンスはなかったが、攻めも一頃と比べると格段にレベルアップしているように思える。

ザッケローニ監督も歴代の日本代表監督の中で一番いい監督になるかもしれない。

選手交代の采配を見た限り、日本チームのフォーメーションを巧くコントロールしているようだった。

掌(たなごころ)というやつかもしれない。

相当にいい監督を引っ張ってきたのではないだろうか。

噂では、ヨーロッパでは過去の監督などと言われてしまったようだが、いやいや凄い監督に変わりはない気がする。

ザッケローニ監督になってから、たったの2試合だけだが、私的には期待値はかなり上昇した。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

マーラー 交響曲第6番「悲劇的」

以前、この曲について書いたとき、どの辺が悲劇的なのかよく分からないと書きました。
私は最近はそうでもないですが、昔は音楽を聴くことはあっても、聴いた曲について調べることまではやっていませんでした。
で、何ヶ月も前なのですが、この曲について調べたら、恐るべき?ことが分かりました。
この曲のタイトルは「悲劇的」となっていますが、いったい何が悲劇的なのか...
曲想?...
いや曲想はさほど悲劇的ではないです。
続きを読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

凄い!やりましたね!日本代表!

凄いじゃないですか!

サッカー日本代表。

アルゼンチン相手に1-0で勝利ですよ

しかも、メッシのいるアルゼンチンに勝利ですから。

凄すぎです!

日本代表がアルゼンチンに勝利できる日がやってこようとは思いもしませんでした。

ホームであれなんであれアルゼンチンに勝利という瞬間はもう一生観ることができないかもしれない。

それぐらい日本にとっては大きな勝利であると思います。

それにしてもW杯から日本代表は神がかり的に強くなりましたね
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番

以前、タワレコで690円の激安CDを購入した。
曲目は、
1曲目:プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第1番
2曲目:プロコフィエフ ヴァイオリン協奏曲第2番
3曲目:グラズノフ ヴァイオリン協奏曲

演奏は、
ヴァイオリン独奏:ヴェンゲーロフ
指揮:アバド
オーケストラ:ロンドン響(プロコ)、ベルリンフィル(グラ)
です。
このCD、激安だったから購入したわけではありません。
グラズノフのヴァイオリン協奏曲が聴きたかったから購入したんです。
購入してすぐプロコには目もくれずグラズノフのヴァイオリン協奏曲を聴きました。
買って大正解でした。
聴きやすくて、凄くいい曲なので、即お気に入りの曲になりました。
そして、プロコのヴァイオリン協奏曲はどうかな?と期待半分、不安半分で聴いてみました。
第1印象は「これはダメだ!」です。
曲の良さが全く分かりませんでした。2曲とも。

そして、先日、某ブロガーさんも同じCDを持っていることが判明。
それで、「同じCD持ってます!グラは聴いてるのですがプロコは聴いてません。」とコメントさせていただいたところ。
「それは勿体ない。プロコも面白い曲だから聴いてみたらどうですか。」と返信をいただきました。

と言うわけで、プロコのVn協の第1番と第2番をひっさびさに聴いてみました。
出来うる限りの集中力で聴いたのですが、不協和音の連続?で聴いてて辛かったです。
多分、そこまで耳が出来ていないというかレベルアップしてないんでしょうね。
非常に難しい曲だと思いました。
ネットで調べてみたら名曲らしいことは分かりました。
曲の良さがよく分からなくて残念です。
やはり第1印象の「こりゃダメだ」から脱却は出来ませんでした。
いずれこの曲に再トライするときがくると思いますが、まだまだ先のような気がします。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ショパン ピアノ協奏曲第1番

いや~、弦楽四重奏曲いいですね~^^
先週から毎日聴いていたら、どんどん良さが分かってきました。
先週の記事にコメント下さった方のお陰もありますよ。
ありがとうございましたm(_ _)m
今は、ベートーヴェンの7番、12番、13番(大フーガ含む)を聴いています。

ところで、ショパンです。今年、生誕200年を迎えてどこまで盛り上がってるんでしょう?さほど盛り上がってない感がありますが.....今回紹介する曲はピアノ協奏曲第1番です。この曲を初めて聴いたのは中学生の頃だったろうか、アルゲリッチのショパンコンクールの演奏がラジオで放送された(たぶんコンクールの数年後)のをエアチェックしてカセットテープに録音し、繰り返し聴いていた。何が凄いってアルゲリチのテクニックもさることながら解釈でも聴き手を興奮の渦に巻き込んでいく、第3楽章終結部などは、まるで畳み掛けるような演奏で圧倒されたことを記憶している。この曲を初めて聴く人にはアルゲリッチのショパンコンクールのライヴのCDを購入することをお勧めします。聴き比べをしなくても十分曲の良さとアルゲリッチの凄さは理解できます。
ショパン・コンクール・ライヴショパン・コンクール・ライヴ
(1995/07/21)
アルゲリッチ(マルタ)

商品詳細を見る


ちなみにツィメルマンのものもなかなか良い。
しかし、伴奏は置いといて、ピアノだけを聴くとアルゲリッチには到底かなわないと思われる。

曲について、
続きを読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。