クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

パラグアイ戦を終えて...

よく戦ってくれたと選手達には言いたい!

また、「感動をありがとう」である。

延長戦あわせて120分の激闘であった。

ボール支配率はパラグアイの方が上だったが、危ういシーンはほとんど無かった。

日本は完全とは言えないが、試合を自分達のペースにしていたと思う。

日本が得点できそうなシーンもほとんど無かったが、全くなかったわけではない。

しかし、相手同様に得点することが出来なかった。

パラグアイの特徴である速攻と堅守のうち、速攻については完全と言っていいほどに敵の好機を日本は潰していた。

だが、堅守は崩せなかった。

南米予選でブラジルやアルゼンチンと戦って勝利しているだけある。

結果は負けてしまったが、負け方としてはしょうがない負け方なので、選手達に悔いはさほど残らなかったのではなかろうか。

いや、残して欲しくない。

PK戦は運なのである。

勝者を決めなければならないからPK戦をやるのである。

結果は負けだが、内容は引き分けである。

川島のスーパーセーブを期待してしまったが、それは酷だったかもしれない。

いずれにせよ、日本代表選手達は本当によくがんばったと思う。

日本が唯一負けた相手はオランダだけと言っても過言ではないだろう。

日本にとって、これ以上のことは望むべくもないワールドカップだったと思う。


また4年後のワールドカップが楽しみだ。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

パラグアイ戦に向けて

日本代表はパラグアイにどう戦うだろうか?

多分、戦い方は変えないのではなかろうか。

逆に、変えて、前線からボールにプレスをかけていくと、攻守の切り替えの早いパラグアイにやられると思う。

これは、多分、日本代表も承知していることなので、ありえない戦い方だ。

パラグアイの特徴は、堅守の後の速攻だけである。

要は、堅守でもって、速攻を得意としている。

ブラジルやアルゼンチンのように華麗なパス回しはしてこない。

だから、相手の守備陣をドリブルで切り裂くとか、パス回しで守備陣を崩すということはやってこない。

多分、たてパスとサイドからのセンタリングをなんどもやってくると思われる。

チーム全体を押し上げた形にしなければ、カウンターを食らうことはない。

はっきり言って、今までの戦い方が一番マッチする相手なのではないだろうか。

パラグアイ守備陣が上へ上がってくれば、こっちのものである。

きっと日本をなめてくるだろうから、守備陣も攻撃陣と一緒に上がってくる可能性は十分にある。

ただ、日本はどうやって得点すればいいのか。

フリーキックはそう何度も入るものではない。

やはり、パラグアイ同様に速攻を使って点を決めるしかないだろう。

しかし、パラグアイの堅守は定評がある。

1次リーグでは、不調だったとは言え、あのイタリアから取られた1点のみである。

他チームからは得点を許していない。

多分、日本が過去に対戦したことのあるパラグアイ代表チームの中でも1番強いチームであろうと予想される。

先取点を取られたら終わりかもしれない。

あと、審判がちゃんとファウルを取ってくれるかも心配だ。

ただ、引き分けに持ち込んでPK戦になれば、勝機は十分ある。

ゴールキーパーが川島ならばまたスーパーセーブをやってくれるのではないだろうか。

しかし、決勝トーナメントには延長試合が30分ある為、どこまで耐えれるだろうか。

やはり、引き分けは現実的ではない。

結局、どうやって日本が点を取りにいくのか想像できない。

パラグアイも同じように考えてるかもしれない。

ならば、得点するチャンスは十分ある!

今から、どういう試合になるかわくわくする。

1次リーグは冷や冷やしながら観ていたが、決勝トーナメントまで進んだので日本が強いチームであることは立証できた。

後は悔いの残らないゲームをして欲しいばかりである。

しかし、この悔いの残らないゲームをするのが一番難しいのかもしれない。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

3-1!! ダニッシュダイナマイト粉砕!

凄いことが起こった!

だからサッカーは面白い!

デンマークに対して3-1のスコアで勝利するとは思ってもみなかった

良くて1-0か1-1のスコアなのではないだろうかと思っていただけに、余計感動してしまった!

本田のフリーキックには痺れた

あれほどの距離なのに、ほとんどピンポイントでボールがゴールネットに突き刺さった。

凄いとしか言いようがないシュート!

3点目ではデンマークの守備陣を翻弄して岡崎にパス。そして、岡崎がなんなく軽いシュートで3点目が入った。これも凄かった!

2点目も凄いフリーキックだった。遠藤も凄いぞ!あんなフリーキックが蹴れるなんて知らなかった。

これまたピンポイントで、これはキーパーが取れないだろうという正確なキック。

カメルーン戦といい、デンマーク戦といい、凄い戦い方だ。

ここぞ、というところで確実にシュートを決めるし、敵にまともに攻撃をさせていない。

考えてみれば、ワールドカップが始まる前の予想では、日本が3連敗するのではないかという悲観的なものもあった。

しかし、1次リーグ終わってみれば、2勝1敗で堂々の決勝トーナメント進出が決まった。

素晴らしい!

岡田監督こと岡ちゃんは、カメルーン戦の方が印象に残る試合だったようなことをインタビューで言っていたが、確かにカメルーン戦も観ていて感動した試合だった。

ところで、岡ちゃんは、この大会を最後に監督業から身を引くらしい。
まだ53歳らしいので、辞めないでもらいたい。
確かに代表監督はキツイかもしれない。
負ければ、ボロクソに言われる。
でも、勝ったらメチャクチャ持ち上げられるけど。
代表監督がキツイのなら、クラブチームの監督業は続けて欲しいものである。

日本サッカー協会は正しかった!岡ちゃんを監督にして
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

デンマーク戦に向けて

サッカーワールドカップの1次リーグの最終戦が始まった。

韓国が1次リーグを突破した。日韓ワールドカップ以来の決勝トーナメント進出である。

日本もそうありたいと願うのであるが、日本と強豪国や中堅国との間には大きな溝がある。

それは何か?

カウンター攻撃である。

日本はカウンター攻撃がへたくそだ。

観ていると、いつも思うのだが、せっかくのカウンター攻撃のチャンスに攻め上がる選手の数が少なすぎるし、スピードが遅い。

カウンター攻撃ができるできないで、そのチームの強さが随分違ってくるとも思う。

さらに言うと、日本が失点するケースはカウンター攻撃をされて失点するというケースが間々ある。

ところが、デンマークは、どうやらこれまた日本の弱点である高さを突いてくるようだ。

高さだけで攻め込んでくるのなら、なんとかなりそうである。

オランダのような強豪国のように、日本の選手を戦術的に前へ引っ張りだしておいて、スペースを作って、そこを攻めるということができない国のようだ。

それなら、勝つチャンス、引き分けるチャンスは十分にある!

日本のセンターバック2人、闘莉王と中沢の場合、高さで勝負なら引けは取らない。

きついのは、スピード勝負に出てこられた場合。

しかし、デンマークにもそれほどスピードのあるフォワードの選手はいないのではなかろうか。

とは言うものの、やはりデンマークの方が格上であることにかわりはない。

だから、無理に勝とうなどと考えるよりも、引き分けに持ち込むしか手はないと思える。

何しろ、日本は多分、点は取れないだろうから...

ワールドカップで点を取るというのは並大抵のことではない。

テレビで「日本のアドバンテージは忘れて戦った方がよい」と元Jリーガーは言っていたが、バカを言ってもらっては困る。アドバンテージを忘れてどうするのか?

アドバンテージをうまく利用して戦うのがベストなのである。日本はそれが出来るチームに変貌してきた。

無理に勝とうとせず、巧くゲームをコントロールして0-0の引き分けに持ち込んで欲しい。

一言言っておくと、悲しいのだが先制点を取られたらおしまいだと思う。

日本の目指すスコアはあくまで0-0の引き分けだと思う。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

オランダ戦、よくがんばった!

やはりと言うか、オランダに負けてしまった...

これはしょうがない。

FIFAランク4位のチームである。

実力に差がありすぎた。

よくがんばったというのは、後半の残り15分ほど、攻めに攻めていたので、カウンターのようになり、守備の面でも危ういシーンが何度かあったのに、ゴールキーパーのスーパーセーブで凌ぎきったこと。

この試合は負けてもいいのである。
その代わり、点差はできるだけ最小失点に止めなくてはならなかった。

それができたのである。
よくがんばったと言わずしてなんと言おうか!

ところで、夜中の3時半試合開始のカメルーンVSデンマーク戦が気になってずっと観戦してしまった。
試合結果はデンマークが2対1でカメルーンを下した。

この結果から、日本は、最終戦のデンマーク戦は引き分け以上で決勝トーナメントに進出できる。
デンマークは日本に勝利しなければ、決勝トーナメントに進出できない。
この差は大きい。

ところで、カメルーンVSデンマーク戦を観てしまった為に、寝不足に陥り、本日開催の聴きに行きたかったコンサートに行くことが出来なかった。
年には勝てない。
10代、20代のころは、徹夜なんてかる~くできていたのに...
非常に残念である。
だが、これもしょうがないのである。
4年に1度のワールドカップを最優先したから、悔いはない。
因みに、チケットは当日券を買おうと思っていたからチケット代を損をしたということはなかったです。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

とうとうオランダ戦!

サッカーワールドカップも各組2戦目に入ってきた。

とうとう本日、日本はオランダと激突する。

オランダは、ロッベンを投入してくるかもしれない。

さらには、日本を破ればオランダは1次リーグ突破がほぼ確実となる為、勝ちにくるだろう。

そして、オランダの攻撃は第1波、2波、3波といったようにかさにかかってくる。

オランダの試合を観ていると非常に面白いほど。

だから、オランダは好きなチームの一つであるのだが、今回は別。

攻撃が爆発してほしくない。

ただ、オランダVSデンマークを観ていた限り、ワールドカップでの初戦だった為か、攻撃が爆発したといった印象はない。
だから、本調子ではないのかもしれない。などと甘いことを考えていたりする。

ところで、ここで、日本の1次リーグ突破の可能性を考えてみる。

E組 日本、オランダ、カメルーン、デンマーク

初戦カメルーンには勝利して勝ち点3をゲット!

現在1勝のチームは
日本とオランダのみ
逆に1敗のチームは
カメルーンとデンマーク

日本の残る試合はオランダとデンマーク

では、どうすれば日本は1次リーグ突破できるか。
言うのは簡単である。
残り2戦勝てばよいのである。
でも、それはムチャだ。

そうオランダに勝つのは至難の技なのだ。
はっきり言って勝たなくともよい。
負けなければいいのである。
いわゆる引き分けでいい。

しかし、この引き分けも難しいと思う。

守りに徹すれば、オランダは日本が攻めてこないと思い、かさにかかった攻撃をしてくる可能性大だ。
守りきれるものではない。
かと言って、日本が攻撃的になれば、逆に攻め込まれて、危険な状況に陥ることは目に見えている。
韓国VSアルゼンチンの試合のようになってしまうだろう。
スイスVSスペインの試合のように戦わなければならない。
(もちろんスイスの戦い方を参考にする)
スペインの怒涛の攻撃を防ぎきったスイスが参考になるだろう。
あんな防御ができるかは疑問だが、やるしかない。
スイスのように勝たなくてもよいのである。(勝つに越したことはないが)

とにかく、引き分け狙いでいって欲しい。
変に色気を出すとやられると思う。
悔しいが、今の日本の実力ではしょうがないのである。

そして、デンマークにも引き分けを狙う。

そう、1勝2分けで決勝トーナメントに進めるはずである。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ひゃっほーう! 祝!日本代表W杯勝利!

ブログ記事を書くのが日本の勝利から1日経ってしまった

しかし、勝利の余韻はまだ残っている

最後に決めた本田も落ち着いていて、なんなくゴールを決めたあたりただ者ではないと思うのだが、個人的には松井に注目していて、松井がやってくれたのが、非常に嬉しい。

松井のことはよく知らなかったのだが、確か強化試合のコートジボワール戦で相手ディフェンダーをかわしてセンタリングを上げたのを見て、この選手を先発で使って欲しいなと思っていたら、W杯本線で先発したので注目していたのである。

そうしたら...凄いではないですか!
右サイドから右足でばかりセンタリングしていたのが、ここ一番の場面で、得意のドリブルで切り替えして相手ディフェンダーをかわして、左足で絶妙のセンタリング。
そして、本田にドンピシャ。

松井も素晴らしいですね。

で、何より、後半の戦い方も良かったのではないでしょうか。
あせらず、どっしりと構えて、敵の好機を摘み取っていきました。
ただ、観てるときはヒヤヒヤしてました。

でも今は最高の気分です!

次ぎは、優勝候補のオランダですね。
がんばってくれー!日本!

ワールドカップの間は、音楽ブログはお休みしようかと思います^^
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

マーラー 交響曲第2番「復活」

暑くなってまいりましたね

エアコンを入れるというほどの暑さでもないですが、でも、風が欲しい。

扇風機を引っ張り出すのも面倒だし、そんなときは、「うちわ」が一番です

で、うちわを昨日の夜から使っていて、暑さが和らぐのですが、腕の筋肉が...

さらに、とうとうサッカーワールドカップが開幕しましたね。

寝不足になりそうです。

我らが代表は、カメルーンに勝てるでしょうか。

このカメルーン戦で全力を出し切って欲しいです。

カメルーンにさえ勝てば、決勝トーナメントが見えてくる!

簡単には勝てない相手であることは、承知してますが、とにかく点を取って欲しいものです。

さて、本題。

マーラーの交響曲第2番「復活」

この曲を知ったのは高校生のとき

第9のような圧倒的な盛り上がりをみせるこの曲に心底惚れ込んでしまいました。

曲は80分を超える大曲ですが、曲の長さはほとんど感じさせない出来です。

スケールが大きく、独唱あり、合唱あり、そして、最後はパイプオルガンまで登場します。

続きはベートーヴェンD-minorの方で。

続きを読みにいく
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

なぜだー!?なぜなんだー??

今日は、清々しい朝を迎えております。

最高の気分。

で、聴いてる曲はメンデルスゾーンの交響曲第2番「賛歌」

この曲、さほど聴くことはないのですが、聴くときは決まって朝。

なぜって、曲が清々しいから。

こんないい曲なのに、マイナーな部類に分類されてしまう。

納得がいかない。

曲は、メンデルスゾーンが作曲時ベートーヴェンを意識したとしか思えない内容。ベートーヴェンの第9のように独唱が入る(ソプラノ2人、テノール1人)し、合唱も入る。第4楽章で大々的に入るのである。

初演時は好評だったようだが、人気がどんどんなくなっていった。

何がいけないのだろうか?

原因は分からない。

思うに、第4楽章にメリハリがもうちょっとあると曲が引き締まってなお良いのかな。

この曲は別名、交響カンタータと呼ばれており、第4楽章では、カンタータの色合いがハッキリしている。第4楽章は、全11曲のカンタータとも呼べなくもない。
歌詞は宗教的な色合いが濃い。
ひょっとすると、コレが原因かな。違う気もするが...
何れにせよ、めちゃくちゃいい曲である。
盛り上がるし。心が洗われるし。

YOU TUBEを貼ってしまおう。

更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

シューマン 暁の歌

シューマンというと、やはり前期の作品の方が人気が高いようである。
本来、ピアノ曲はあまり聴かないのだけれど、これでは勿体ないですので、これからはピアノ曲も随時聴いていきたいと思ってます。
で、今回はシューマンのピアノ曲から「暁の歌」

はっきり申し上げて、すんごく良い曲です。
ただ、この曲はマイナーな曲です。多分。
続きはベートーヴェンD-minorの方で。
続きを読みにいく
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。