クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

エルガー チェロ協奏曲 デュ・プレ&バレンボイム&フィラデルフィア管

以前この曲を紹介しようとして失敗しました。
2楽章まで紹介したのですが、ほとんど曲とは別の内容のことを書いてて、紹介しきれてませんでした。
何故か?それはこの曲の特徴が希薄なのではなくて、自分の語彙力の貧しさによるものでした。

で、今回はがんばって紹介しようと思います。

第1楽章は、以前のコメントにもありましたとおりどこか懐かしさを憶える曲想です。
そう、「美しく彩られた懐かしさ」に満ちています。しかし、どこか寂しい。

第2楽章も寂しい曲想で始まります。が、その旋律を超絶技巧を駆使して演奏されますと寂しさが和らぎます。そして、和らいだところで、明るさが出てきます。第1楽章、第2楽章を聴いただけでも、なぜ、この曲が3大チェロ協奏曲に入っていないのか不思議に思えてきます。

第3楽章はアダージョ。
じわ~と心に沁みてきます。第1楽章の懐かしさや第2楽章の寂しさはありません。ただただ心和む旋律です。

第4楽章は初っ端からチェロの懐かしく美しい情感たっぷりの旋律が全開です。チェロの美しさがなんとも言えないです。
聴けば聴くほど、この曲の良さにどんどん魅了されます。

この曲は、チェロなくして全く成り立たない曲(協奏曲自体そういうものですが)であります。というのも、チェロの柔らかく重く懐かしく渋く寂しいそして枯れた美しさが全曲に散りばめられています。
最高です!

難病に侵され早逸したジャクリーヌ・デュ・プレでどうぞ!
この人の演奏は万感の想いが込められていると思います。
第1楽章


第2楽章


第3楽章


第4楽章

更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

エルガー チェロ協奏曲 第2楽章

それにしても寒い日です。手がかじかむ。
昨日の夜は風呂から出た後、数時間裸足で起きていて、その後寝たのですが、足が冷えちゃって寝られなかったです。
それで、もう一度、足だけ風呂に浸かって暖めました。
そうしたらぐっすり寝れました。
今日も足が冷えてます。

今日は第2楽章です。

エルガーはこの曲を作曲したときは、第1次大戦直後です。

この楽章は協奏曲にはめずらしいスケルツォ楽章で、チェロの超絶技巧が聴けます。

しかし、第1楽章同様に明るさは、全くと言っていいほどなく、もの悲しさといいますか寂しさといいますか、そういった曲です。

沁みるなあ...

今日のように寒い日は余計に沁みいります。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

心に沁みるぜ エルガー チェロ協奏曲 第1楽章

今日はぐっと気温が下がりました。明日はもっと気温が下がるようです。

夜にサイクリングをしてるのですが、寒すぎてもう不可能ですね。

また、夜、走るというのは危険ですし。
ホント危険なんですよ。自分が乗ってる自転車はマウンテンバイクなので、乗ったときの体勢が前傾姿勢になります。スピードも他の自転車より速いです。前傾姿勢になると遠くの方が見難くなります。そうすると、前から来ている歩行者や自転車に気付きにくいです。5、6メートルぐらい手前で歩行者に気付くこともあります。危険でもあるので、もう止めます。

早朝ウォーキングだけにしときます。

エルガーです。

普通、協奏曲というと技巧的な面が全面的に出てきたりするのですが、この楽章ではそういった面はほとんどありません。

チェロの響きがなんとも言えず、心に沁み入ります。

また、メロディーもいいです。

ドイツ・オーストリア的でもフランス的でもないイギリスの沁みる曲です。

こういう曲はなかなかないです。

また、曲は4楽章で構成されており、チェロ協奏曲の中でも特異な曲なのではないでしょうか。

ジャクリーヌ・デュ・プレが素晴らしいです!

静かなところも曲が盛り上がるところも凄~く聴かせてくれます。
この演奏は定番かもしれませんね。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

景気付けに エルガー 威風堂々第1番

ホームページを作っていて過去に書いた内容が気に入らず、書き直したりしています。
とはいっても各ページが充実してきた感があります。特にベートーヴェンの曲に関するページが充実してきました。そういうこともあり、少し気持ちが上向いてきました。やれやれという感覚でしょうか...いや待て、シューオタ同盟員としてまだ何もしてないではないか.....で、シューマンの交響曲の3番あたりを攻めてみようかなと思っております。が、同盟員として中途半端な内容にはできないのであります。実はずーっと考え込んでいます。シューマンの曲のページをどうしようかと。しかも気付いたことがありまして、音楽とは関係ないのでありますが、ホームページの段組みについてです。

現在、フレームセットというタグを使用してヘッダーとメインとサイドのフレームを割り振ってます。このフレームセットというタグを使用するのは古いようなのです。で、いろんなホームページを拝見したのですが、会社はもちろん個人のホームページまでがフレームセットは使用してないじゃないですか...がっくり...作り直そう...トホホ...

それで、何週間か前からホームページをリニューアルしようと思い製作してます。

今日は景気付けにエルガーの威風堂々です!
この曲はいいですよねー!
ドラマや映画のバックにもよく使われてます。


更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。