クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ドヴォルザーク チェロ協奏曲 ヤムニーク

とうとう、ヤムニークのドヴォルザークのチェロ協奏曲を聴いた。

チェリスト、トーマシュ・ヤムニークと指揮者、トーマシュ・ネトピルは売り出し中のチェコ人。

だから期待してCDを買った。

感想としてはチェロをヴァイオリンのように軽々と弾くなあという印象。

正統派の演奏だとも思う。

だが、私としてはデュプレ&チェリビダッケの演奏の方が好きだ。

そういえば、ヤムニークはチェコフィルと共に最近来日していたのではなかったか。

確か来日していたはず。

生で聴くとまた違った印象になるかもしれない。

だけど、デュプレやロストロポーヴィチを超えるようなチェリストはそうそう出てくるとは思えない。

まだ、封を開けていないCDが2枚ある。

フルトヴェングラー&ベルリンフィルの1952年のエロイカと

フルトヴェングラー&ベルリンフィルの戦時中の第9である。

期待は大きいが、なかなか聴く気になれない。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

ドヴォルザーク チェロ協奏曲 デュプレ&チェリビダッケ

今日はドヴォルザークのチェロ協奏曲。

このCD。

ドヴォルザーク&サン=サーンス:チェロ協奏曲ドヴォルザーク&サン=サーンス:チェロ協奏曲
(2011/07/20)
ジャクリーヌ・デュ・プレ

商品詳細を見る


デュプレとチェリビダッケのもの。

チェリビダッケが指揮しているため、テンポは比較的遅い。

だが、聴いているうちにやみつきになる。

以前はそれほどいい演奏とは思わなかったが、今は大好きな演奏。

デュプレの演奏もこのテンポの方がより深みが感じられるような気がする。

第3楽章の結尾部など鳥肌もの。

オーケストラはスウェーデン放送響だが、チェリが鍛え上げたと思えるようなチェリらしい響きがする。

遜色ない。

YOU TUBEにあったので貼り付けておきます。


更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ドヴォルザーク ロンドト短調

ドヴォルザークの本領発揮の曲です。

チェロとオーケストラのためのロンドト短調。

下のCDに収録されています。

Dvorak-Complete Cello WorksDvorak-Complete Cello Works
(2011/02/07)
Tomas Jamnik

商品詳細を見る


このCDを買った目的はロンドではなく、もちろんチェロ協奏曲ロ短調です。

このCDではチェロ協奏曲第2番となっています。

第1番は補筆完成させたチェロ協奏曲です。

第1番は何回か聴いたのですが、あまりお薦めできるような曲ではないです。

それよりも、このロンドト短調です。

しみじみしていてロ短調のチェロ協奏曲を彷彿とさせる曲です。

この曲を使ってもう一曲チェロ協奏曲を書いてほしかった。

8分ほどの曲です。

是非、聴いてみてください。


更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ドヴォルザーク ヴァイオリン協奏曲/スーク&ノイマン&チェコフィル

一応、5月も季節で言えば春に入るような気もするし、初夏というぐらいだから夏に入るのかもしれない。が、私はまだ春の陽気だと思っている。清々しい毎日である。こんな陽気にピッタリくる曲はドヴォルザークの曲。本日朝聴いてみて分かった^^

最近はブルックナーの曲ばかり聴いていたから、ドヴォルザークの曲を聴いたら新鮮に聴こえた。ヴァイオリン協奏曲の中では2戦級の曲ではあるけども、この季節の朝聴くとなかなかよいかもしれない。

このCDのレビューは本体に書いてあります。
お読みになるかたは本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ドヴォルザーク 交響曲第8番/バルビローリ&ハレ管

今現在朝の7時53分です。
早朝ウォーキングに行って、朝食を食べて、myホームページの「Beethoven D-minor」を更新しました。
今日はやることがなくて、どんどんネット関係の更新をしています^^
このブログも朝早々に更新です。

今日の体重:66.3kg
昨日の体重:66.6kg

減ってはいるのだけど、就寝前と起床後の体重差は0.2kgとほんの僅か。
ダイエットとは関係ないのだけど、数日前、舌を歯で切ってしまった
それで飲んだり食べたりするたびにちくちく痛んで非常に鬱陶しい状態だ。
昨日の夕食などは豆板醤の肉野菜炒めを食べたので余計痛かった。
お陰で美味さが半減した。

今日のCDレビューはドヴォルザークの交響曲第8番で指揮がバルビローリ、演奏がハレ管弦楽団です。
この曲は第3楽章と第4楽章などは春にもってこいの曲だと思いますね。
↓第3楽章です。

本文は本体に書いてあります。
本体へ飛んでください。
本体へ飛ぶ
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。