クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

とうとう黒田官兵衛が主役に!

何年ぶりかで戦国武将の記事を書きます。
戦国一の軍師は一体誰でしょうか?
武田の山本勘介。
徳川の本多正信。
ぱっと脳裏に浮かばないのですが、軍師クラスの武将は他にもいます。
いるのですが、その軍師の中でも一線級の武将。
即ち自分が担いでいる武将を智謀の限りを尽くして天下人にまで押し上げた武将は二人。
竹中半兵衛重治と黒田官兵衛孝高。
この二人こそが戦国No.1軍師の座を争っていると私は思います。

この二人は歴史に燦然と輝く武将ではありますが、大河ドラマなどでは常に脇役、いや、ちょい役のことも。いや、登場しないことも。秀吉が活躍するドラマでない限りこの二人はクローズアップされてきませんでした。

ところが、2014年の大河でとうとう、この二人のうちの一人、黒田官兵衛孝高が主役になることが決定いたしました。やりましたね^^

官兵衛ファンは根強くいます。どんな内容になるのでしょうか。官兵衛の本は「播磨灘物語」を読んだだけです。前半生は描かれているのですが、後半生はほとんど描かれていません。天王山の戦いまでです。ですから、私としては後半生もしっかり放送してほしいと願ってます。

もう一人の天才軍師、竹中半兵衛重治は若くして死んでしまったためになかなか主役になれません。でも、ぶっとい人生を生きた半兵衛の大河も見てみたいですね。私は半兵衛の方が好きなので尚更です。

とにかく、黒田孝高の大河。絶対、面白くしてほしいと思いますし、面白いはずです。チンケな演出とか勘弁。期待して再来年を待つことにしましょう。主役はV6の岡田准一さんだそうです。歴史大好きな人らしいです。難しい役だとは思いますが、あんたならできる!がんばれ!

更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

播磨灘物語(黒田官兵衛)

播磨灘物語を読みました。

司馬遼太郎の著作です。

614YW82KYYL__SL500_AA240_.jpg

主人公は黒田 官兵衛 孝高(くろだ かんべえ よしたか)です。
この武将の小説をずーっと読みたいと思っていたので、かなりの期待値でこの本を読みました。
しかも著者が司馬遼太郎ですので、一層期待値も上昇するというものです。
そして、絶対、面白いはずなんです。
この武将の小説は。

ところが、読み進むうちにだんだん飽きてきました。
もちろん全4巻(文庫)読破しました。

何に飽きたかと申しますと、さほど重要ではない人物のことを事細かに描写しているのです。そういった話がかなり挿入されています。題名が播磨灘物語ですから、官兵衛が主人公ではありますが、その他の武将についても描かれているのは分かります。しかし、自分としてはもっと官兵衛についての話を期待していたので何とも言い辛いです。

全4巻の内、官兵衛についての記述は全てまとめてしまえば1巻ほどに集約できるのではないでしょうか。がっかりです。ただ、官兵衛の活躍するところではハラハラドキドキもののところもあります。さすが、司馬遼太郎ですね。

それにしても、読みたかったというか知りたかった部分は秀吉が天下を獲ってから官兵衛はどうしていたのかをもっと詳しく知りたかったですね。

面白かったのは、官兵衛の読みはその当時の読み方では「かんべえ」ではなく「くわんぴょうえ」というらしいです。
さらに意外だったのは、官兵衛はキリシタンだったことでした。

くわんぴょうえについての本をもう少し探してみます。
この本では後半生の話が、あまりにも短すぎる。
ま、播磨灘物語となっているので仕方ありませんが。

ところで、福岡県福岡市の由来をご存知でしょうか?
その由来がこの本に出てきます。
これも意外でした。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

竹中 半兵衛 重治

昨日、久々の更新をしたのですが、今日は音楽ではなく戦国武将について書きたいと思います。

前にも書いたのですが、歴史はサブカルというジャンルには属さないと思いますので、ジャンルは日記でテーマは雑記にします。

で、半兵衛ですが、黒田官兵衛と並び秀吉に仕えた2兵衛、もしくは軍師2人としてよく語られます。
NHKなどの歴史物の番組ではよく出てきますし、戦国物の大河でもよく登場する人物です。

何をしたかというと、始めは美濃の斉藤家に仕えており、道三の死後、美濃侵攻を繰り返す信長軍を美濃3人衆と共に退けていました。
その後、有名な話ですが、秀吉が口説き落とし秀吉の部下になったのであります。

秀吉の部下になった後も、大活躍します。
平時は秀吉の参謀として、戦のときは采配をふるっていたようです。
今孔明の知略と言われていただけあります。
内政も軍事も両面での活躍です。

この半兵衛と黒田官兵衛を主人公にしたドラマは見ごたえあると思います。

ところで、半兵衛には逸話が多いようで、有名なものは7、8人で稲葉山城を陥落させてしまったことでしょう。
しかし、びっくりするのは秀吉軍の突撃隊長だったという話もあります。
で、その突撃隊長の絵画が残っているのですが、従来の半兵衛のイメージとは逆に仁王さんのような顔立ちでした。(確かNHKで見ました)

竹中重治は自分がもっとも好きな戦国武将です。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

壮絶! 高橋紹運

どれほどの人が高橋紹運という武将をご存知だろうか。

九州は豊後(大分)の戦国大名 大友宗麟の配下の武将である。
立花道雪と共に大友軍の両翼を担っていた武将です。

立花宗茂という豪傑でもって、大名となった武将を子供に持つ。

大友家は九州六カ国の管領であり、九州随一の大名であった。
南に島津、西に龍造寺を抑えていた。
しかし、当主の大友宗麟はだんだんやりたい放題になっていき、配下を謀殺して、その奥さんを我が物にしてしまうということまでやっていた。

当然、配下の者の心はどんどん離れていき、強力になっていく薩摩の島津軍の強烈な圧迫を受けることになる。
次々に大友軍の武将が島津軍に寝返っていく中で、どうしようもない当主にどこまでも忠誠を貫いたのは、立花道雪と高橋紹運である。
しかし、島津軍が押し寄せてきたとき、道雪は国士無双の強さを誇っていたが年齢もいっており、陣中で没する。

そして、大友軍を支えることになったのは高橋紹運と立花宗茂の親子である。
この二人が配下の兵3千と共に5万の兵力を持つ島津軍を迎え撃ったのである。

高橋紹運が守ったのは岩屋城と宝満城。
宝満城が主城で、岩屋城は宝満城の支城であったにも拘わらず、非戦闘員の女子供を宝満城に移し、守備力の弱い岩屋城で敵を迎え撃った。

高橋紹運は島津の降伏勧告を何度も跳ね除け、さらには大軍の攻撃にも耐え抜くが最後は数には勝てず、もはやこれまでとなった。
5万の大軍から守り抜いた期間は約2週間。
この期間が長いのか短いのか自分には分からないが、勝てない戦であり、味方は次々に寝返っており、大友家は風前の灯火であったにもかかわらず最後まで戦い抜いた。
たぶん、昼も夜もなかったであろう。
それを2週間つづけたのである。
そして、最後は高い櫓に登り、島津軍の前で大太刀で立ち腹を切った。
とてつもない武将である。
大友宗麟には勿体なかった気がする。
その後、秀吉軍が到着し大友宗麟は助かった。

高橋紹運の辞世の句
「かばねをば 岩屋の苔に 埋(うず)めてぞ 雲井の空に 名をとどむべき」
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

調略の鬼! 真田 幸隆

どうも、こんばんは。
真田幸村です。

おじいちゃんは、調略が大の得意でした。
調略とは何かと申しますと、敵の武将を味方側に寝返らせることです。
信濃攻略は信玄公でも出来なかったのですが、おじいちゃんは一人でやってしまいました。

それも調略によってです。
策をめぐらせては、信玄公を凌ぐとおじいちゃんは言われていたようです。

信濃攻略では、北信濃の村上義清に信玄公は敗北してしまったのですが、おじいちゃんは一人で打ち破りました。
調略を使って。

このおじいちゃんの策略の巧みさは、後の父上とそれがしにも影響を及ぼしています。

ただ、おじいちゃんは初めから信玄公の部下であったわけではありません。
真田は元々信州の小さい一大名であったのですが、信玄公に攻められて、土地を奪われたのでございます。

その為、過去に流浪の将になって、小田原に居たこともあります。
この流浪のときに不惜身命の六問銭の旗印になったらしいです。

その頃から信玄公から部下になるようにお誘いがありました。
しかし、信玄公は図太い神経です。
怨みを買っている武将に誘いを掛けるとは.....たぬきの家康であったならそんな無謀なことはやらなかったでしょう。

真田幸村でした。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。