クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ストラヴィンスキー舞踊音楽「ペトルーシュカ」 サロネン&フィルハーモニア管

やりましたー
10万アクセス突破です。
まる4年かかりました。遅いのか早いのか普通なのか分かりませんが(早くはないですね)、10万ものアクセスがあったということは素直に嬉しいですね~。毎日ではありませんが地道に更新してきたことがこのアクセス数に繋がったと思ってます。

今日のCDレビューはストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」です。指揮がサロネンで管弦楽がフィルハーモニア管です。本体へ飛んでください。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

激烈 ストラヴィンスキー 舞踊音楽「春の祭典」

高揚、恐怖、激烈。

この曲にはこんな言葉が相応しい。
第1部の終曲あたりなどは、物凄い高揚感。
第2部での恐怖。
曲全体を通しての激烈さ。

続きを読む
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

コミカル ストラヴィンスキー 舞踊音楽「ペトルーシュカ」

ストラヴィンスキーというと近代音楽であり、どの作曲家の
作風にも似ていないというのが拙者のイメージです。

ストラヴィンスキーの代表曲というと3大舞踊音楽がありまして
「ペトルーシュカ」はその中の一つです。

バレエ曲でありますから、曲に筋書きがあります。
その内容は

命を吹き込まれた人形が人間の女性(バレリーナ)に恋をしますが
その恋を果たせずに恋敵のムーア人に殺されてしまう。
(殺されるといっても、元々人形なのでどうなんだろう...
とも思いますが。)

というもの。

内容は暗~いイメージがしますが、曲はというと、それほど暗い
イメージはありません。

主人公が人形である為、音楽がときおりコミカルになります。
(クラシックでコミカルな印象を受ける曲は他に知りません。)
その昔、この曲を演奏するときトランペットの演奏者は笑いが
吹き出してきて演奏できなかったというエピソードもあります。
確かに初めて聴いたとき、びっくりしました。
吹き出すのも納得できます。

とはいっても吹き出すようなコミカルさを感じる旋律は1つだけですが、
その旋律が頻繁に出てきたりはしません。

ただ、全体的にいえるのは人形が主人公なので、コミカルな人形の
動きを曲中でところどころ聴き取れます。
また、人間と絡むとき、特に恋敵のムーア人と絡むときの音楽は切迫感を
感じます。
こういった描写がストラヴィンスキーは凄いと思います。

この曲は、笑える旋律、綺麗な旋律、ドキドキする旋律が入り混じっており、
聴き終えたとき、感動するというよりも映画を観た後の感覚に近いです。

思うに、拙者が知っているストラヴィンスキーの曲で一番楽しめる曲では
ないでしょうか。

拙者が好んで聴いていた演奏は

指揮:リッカルド・ムーティ
フィラデルフィア管弦楽団

指揮:ウラディーミル・フェドセーエフ
モスクワ放送響

です。

ムーティのものは聴きやすくてあっさりしています。
音は非常に綺麗でした。この曲は管楽器が特に活躍すると思うのですが
フィラデルフィアの音色はとても綺麗な響きです。弦も。

フェドセーエフのものはムーティ盤とは正反対のイメージです。
綺麗なサウンドというより、この曲の物語性をよく表現してます。
主人公ペトルーシュカやその他の登場人物の動きや心理状態などが
うまく表現されてます。
ただ、ちょっとねちっこいかなあと思います。

昨年の暮れに購入したロリン・マゼールのものは、上述のどちらとも
言えず、好きになれない演奏でした。

個人的には、ムーティとフェドセーエフの中間の演奏というか、両者の
いいとこ取りの演奏が聴きたいですね。

ところで、春が近いと実感してまいりました。
本日、風が暖かく感じて(春一番かなあ?)非常に気持ち良いです。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。