クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

澄み切った フランク交響曲 ミュンシュ&BSO

なんという澄み切った音色なのだろう!こんなサウンドは聴いたことがない。ミュンシュ&ボストン響の話ではありません。青森県白神山地の十二湖の一つ「青池」に行ったことがあるのですが、恐ろしいほどの透明度であり、色がコバルトブルーという美しさだったのを思い出しました。YOU TUBE貼っておきます。青池。この池の色が正に当てはまる音色のオーケストラがあるんです。それが、ボッシュ指揮のアーヘン交響楽団。ブルックナーの交響曲第7番なんて涙ものですよ。これがなんとライヴ録音というのだから尚更魂消る!この演奏を生で聴いた人は恍惚としてしまったに違いない。いずれCDレビューを書きます。

今日のCDレビューはミュンシュ&ボストン響でフランクの交響曲です。
本体へ飛んでください。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

哀しい! フランク 交響曲二短調

今回までに紹介してきた曲の中には初心者向きとはちょっと言えないものもありました。
(本ブログの解説文中で)
メンデルスゾーン、シューマン、グラズノフの交響曲、ベートーヴェンの第4交響曲などです。
ただ、繰り返し聴いたり、違う指揮者の演奏を聴いたりすると突然、感動したりします。
ベートーヴェンの4番は紹介してきた曲の中では、特に言えることです。(4番の紹介ページを参照して下さい。)
これから紹介する曲も同様な曲です。

セザール・フランク(ベルギー出身でフランスで活躍)という作曲家の唯一の交響曲です。
この作曲家はオペラは作曲してません。フランクの時代もフランスというとオペラです。この時代のフランスの作曲家も交響曲はほとんど作曲してません。
しかし、フランクやサン=サーンスは交響曲を作曲してます。この二人を軸に未来に残るような曲を作曲しようという作曲家たちが現れます。
この時代に作曲されたフランスのオペラは今現在ほとんど上演されていないらしい。

でも、この時代のフランスでは作曲家はオペラを作曲しないと認められなかったようです。
そして、この曲の初演のとき、聴衆からはさんざんにコケにされています。
ただ、フランクは初演のとき、曲を聴いてその後もこの曲に対し自信を持ち続けたようです。

全3楽章の曲です。
あっしもなかなかこの曲を聴こうという気持ちになれませんでした。
あっしの場合は全然別の意味ですが、曲が3楽章しかないので、なんとなくではありますが、ずっと敬遠してきました。
それが、2年ほど前に聴いたとき、明らかにドイツ・オーストリア系やロシア系の作曲家の曲とは違う明るさと
哀しさ(悲しさ)がにじみ出ていました。
また、高揚感もありますが、これもまた、今まで聴いてきた曲の高揚感とは違うのです。
はっきり言ってしまうと「都会的で、あかぬけている」んです。(フランスの曲はどこかあかぬけてます)
でも、温かみはばっちりあります。
といっても、温かみより哀しさが数倍まさっている曲に思えます。
特に2楽章がとてつもなく、寂しく哀しい雰囲気が漂っています。
涙が出そうなくらい。
メチャクチャ心に沁みる旋律です。
弦楽器の音も管楽器の音も心にぐっときます。
1楽章は比較的明るいです。
3楽章においては一番気持ちが高揚する部分は、もうなんとも言えないくらい哀しくもあり、勝ち誇っているようでもあります。全く反対の気持ちが入り混じった状態です。
表現のしようが無い!
基本的に3楽章は明るさと哀しさが混在しています。

この曲でフランス音楽に目覚めました。
(といってもベルリオーズは以前より好きでしたが...)

フランクにはもっと交響曲を書き残して欲しかった。(1曲だけとは悲しい!)

演奏は自分的には絶対シャルル・ミュンシュ指揮のボストン響で聴いていただきたい。
フランク:交響曲ニ短調フランク:交響曲ニ短調
(2006/12/20)
ボストン交響楽団 ミュンシュ(シャルル)

商品詳細を見る

どうも、プロが選ぶ演奏ではカラヤン指揮のパリ管らしい。
で、あっしもカラヤンのを聴いてみたんですが、ミュンシュの方が絶対良いです。
ストレートに感動が伝わってくる!
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。