クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ここらで一息 JSバッハ 無伴奏チェロ組曲

ネットが使えるようになってとりあえず引越しが完了と一区切りをつける気分になった。ただ、部屋の中はダンボールばかりで、寝るスペースをなんとか確保できてる状態。自分の持ち物以外も私の部屋にありとても狭苦しい。そして、各部屋に満載のダンボールを見ると片付けるのがイヤになるほど。

そんな中、パソコンが使えるようになって、スピーカーの電源ケーブルも発見して、一発目に聴いた曲は自分でも意外だなと思うこのCD。

バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)バッハ:無伴奏チェロ組曲(全6曲)
(2004/11/17)
ビルスマ(アンナー)

商品詳細を見る


このCDは引越し前にHMVでお安く購入したバッハの無伴奏組曲。チェロはアンナー・ビルスマ。何故、ビルスマなのか?安かったから買ったわけではない。とある方のサイトで知ってから、このCDは是非とも欲しいとずっと思っていたものなのだ。で、数ヶ月前にやっと買えたのだ。

ただ、JSバッハの曲は深刻な曲想のものが多く、なかなか聴く気にならなかった。気軽に聴けないのだ。ところが、引越しした後、疲れていたにも関わらずこのバッハの曲を聴いた。確かに癒されるところもあるのだが、やはり深刻すぎる帰来もある。まあ、なんにせよ一息つけたのはよかった。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

涼風シリーズVOL3

 何か涼しい曲はないかな~と思い巡らしているのですが、やはり真っ先に思い浮かぶのは北欧の作曲家シベリウスですね。で、他に北欧の作曲家で涼しい曲を作曲した人はいないかなと思ってみても、ニールセンだとかアルヴェーンだとか思い浮かぶのだけど、決してシベリウスのように涼しいわけではない。ではロシアの作曲家はどうだろう?と考えてみてもチャイコフスキーの曲はそれほど涼しいわけでもないしな~と。チャイコ以外にもリムスキー=コルサコフ、ムソルグスキーなども言うほど涼しくない。そして、よくよく考えてみたらいるじゃないですか。音楽の父が。そう、J.S.バッハです。この人の曲は全てが宗教関連の曲と言う訳ではないのですが、でもほとんどの曲が教会を連想させるような曲想ですよね。シベリウスのように冬を連想させるような曲想ではないですが、厳かな教会を連想させるので、心が洗われると言うか、すぅーっとすると言うか.....とにかく涼しいと思います。ということで、最近購入したCDで無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータの中から、ソナタの第1番のフーガです。因みに私が購入したCDは独奏はシェリングです。


更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

心落ち着く J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番

いや~ 今日は頭痛が治ったり、また痛くなったりで気分がちょっとブルーになってました。偏頭痛ではなく、左脳の上部が痛かった。
今現在も若干痛い。かな~。
参りましてございます。

こんな状況なので、いつもはオーケストラの曲についてばかり書いてきましたが、本日は頭痛が再発しないような曲にしときます。(無理に書く必要ないことは承知しております。そんなに読まれてはいないので...)
バロックです。
バロックと言えば、みんな知ってるヨハン・せばすてぃあん・バッハです。
バッハのオルガン曲は最高に好きなんですが、チェロにしときます。
また、インベンションとシンフォニアも好きなんですが、CDを持ってな~い。ので聴けないんです。
(ちなみにブログを書くときはいつも曲を聴きながら書いてます。)

昔、コーヒーのCMだったと思いますが、ヨーヨーマが出演してこの曲がバックに流れていました。
この曲のメロディーは知っていたものの誰のどういう名前の曲か知らなかったので、今でも、このCMに感謝です。
1楽章 コーヒーのCMで流れたメロディー(いまごろ記事にするか?たまたまです。)すばらしく心が落ち着く曲です。

2楽章 1楽章もそうなんですが、無伴奏チェロだとバロックという印象が薄れる気がします。しかし、バロックということを意識して聴くと確かに美しいバロックの旋律であります。
美しいといいましても楽器がヴァイオリンではなくチェロの音色ですから、美しいという印象よりも心落ち着くという印象のほうが強く出ています。

3楽章 バロック独特の穏やかなメロディーなんですが、少し明るく、また飛び跳ねるようです。
この明るさと飛び跳ねる感覚をチェロで演奏しているところが温まるんです。

4楽章 穏やかで心を清らかにしてくれるメロディーです。しつこいですがチェロなので、そこに温かみが加わるんです。

5楽章 バロックということを意識して聴かないと、なぜだか難解な曲のように聴こえる。ところがバロックを意識すると良い曲。他の楽章も同様(拙者だけかも)

6楽章 清らかでありますが明るいメロディーです。各楽章のまとめ的な曲に聴こえる。聴き終わるとどういう訳か少し寂しさを感じる。

各楽章の演奏時間は2分~4分の間に収まっていて、聴きやすいです。でもバロックを意識しないと難しいかも。とにかく心を落ち着かせたいときに最適。

拙者はパブロ・カザルスのCDを聴いています。
 
ランキングに参加してます。
よろしければ、こちらのボタン人気ブログランキングへをクリックお願いします。
応援よろしくお願いしまっす。m(_ _)m
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。