クラシック音楽中心にあれこれ書いてます。スポーツ、歴史(特に日本古代史)、グルメのこともたまに書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ベートーヴェン 7番 カラヤン&BPOライヴ

たいへんお久しぶりでございます。

色々とありまして、ブログを更新をする意欲が削がれていました。

しかし、その間、音楽はちょくちょく聴いていました。

名フィルのコンサートでブル9を聴きに行ったりもしました。

それはもう感動でした^^

そして、先週はベートーヴェンの7番のカラヤン&BPOの’78のベルリンライヴを手に入れることもできました。

このコンビのモスクワライヴがあまりにも衝撃的だったので、期待は大きく膨らんで購入しました。

カップリング曲は、ストラヴィンスキーの春の祭典。

これはルツェルンでのライヴ。

どちらも凄いです。

やっぱり、私はライヴが好きだ。

カラヤンのライヴのCDをもっと発売してほしい。

きっと凄まじい演奏がいくつもあるはずである。

そして、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲全集も買ってしまった。

演奏はエマーソン四重奏団。

これも素晴らしいんですよ!

スッキリしていて、且つ捻りもあり、芸術性も感じられる。

一曲一曲噛みしめるようにじっくり聴いている。

最高!

そして、やっぱり私はベートーヴェンが好きなんだと再確認。

こんな凄い作曲家はいませんよ。

飽きないな。

誰が言い出したのか知らないが、楽聖というのは的を得ている。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
スポンサーサイト

良いお年を!

私の地域は本日良い天気になりました。

新しい年を迎えるにあたって気持ちがよいです。

今年はご訪問いただいている方には本当に申し訳なかったです。

更新もままならず、しかも、訪問返しすらできないときがあったのです。

にも関わらず当ブログを忘れることなく訪問してくださって本当に嬉しいです。

ありがとうございます。

そういえば、最近、何十年ぶりか(小学生のとき以来)でガチガチャをやりました。

ガチャポンというところもあるそうですが、私は子供のころ皆ガチャガチャと呼んでいたので今でもそう呼びます。

昔は一回20円だったのが。現在は300円ぐらい。

私がやったのは400円。

思うに、これは子供ができるコトではないなと。

高すぎる。

小学生のころの私の小遣いは一日50円でした。

ガチャガチャをやるときは残りの30円で小袋のお菓子ベビースター(20円)などを買ったり、5円ぐらいでせんべいを買ったりしてました。

でも、300円では到底できません。

物価が上昇し小遣いも上昇したとは言え、300円は小学生が気軽に出せる金額ではないはずです。

即ち、もうガチャガチャは子供のものではないということでしょう。

今回私がやったガチャガチャも出てきたものの完成度は高く400円だしても惜しくはない出来です。

今のガチャガチャは大人のためのガチャガチャなんですかね。

少し、寂しい気がします。

さて、どんなガチャガチャをやったかというと、海洋堂というフィギュアメーカー(テレビでも紹介されたすんごい精巧なフィギュアを作るメーカー)が作った阿修羅像か風神か雷神のどれかが出てくるというもの。

出てくるなら風神か雷神が欲しいと思ってやってみたら、雷神が出てきた。

子供のころのようにワクワクした。

で、自宅に戻りカプセルを開けてみて驚いたのは、まず、組み立て式であること。

組み立てるとき少し嬉しい。

そして、組み上がったあとまじまじと雷神を見る。

なんちゅうー精巧さなんだと感嘆した。

現在、雷神さんは私の左のスピーカーの上で雲に乗っている。

できれば、今度は右のスピーカーに風神を乗せたい。

というか、フィギュアが好きな人の気持ちが分かった気がする。

私は美少女フィギュアは欲しいとは思わないが、こういうフィギュアや戦国武将のフィギュアなら欲しい。

フィギュアが欲しいという人はこういう気持ちなんだろうな。

にしても精巧さに惚れ惚れする。

海洋堂凄い!

さて、ホームページを更新しました。

是非、お読みください。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

ヴァントのベートーヴェン

本日届いたCDを聴いている。

このCD。

ベートーヴェン:交響曲第1番ベートーヴェン:交響曲第1番
(2010/07/21)
ヴァント(ギュンター)、ベルリン・ドイツ交響楽団 他

商品詳細を見る


ヴァント&ベルリン・ドイツ響のベートーヴェンの交響曲である。

収録曲は、第1番、第4番、第3番、コリオラン、エグモントの2枚組み。

目的はdokuohさんお薦めの第3番。

だが、しっかり噛み締めるように全曲楽しみたいので今日は第1番を聴いている。

第1番で好きな演奏はラトル&VPOのベーレンライター版の演奏。

この演奏はかなり気に入っている。

だが、このヴァント&ベルリン・ドイツ響の演奏を聴いて、あまりに的を得た演奏なのでビックリした。

音色も洗練されている。

普通、第1番はさらっと演奏する指揮者が多い。

あまり考え抜いた演奏ではないのが普通だ。

考える余地がないのだろうと思っていた。

ところが、この演奏を聴くとそれは間違いということに気付いた。

結局のところ、他の指揮者は第1番を読み解くことができなかっただけなのだ。

いや、ヴァントが凄いのであろう。

オーソドックスなのだが、一本筋が通っていて気持ちよく駆け抜けていくような演奏なのだ。

だが、ラトルのように決して急がない。

そして、細部に拘りぬいている。

演奏者らの緊張感さえ伝わってくる。

ベートーヴェンの第1番ではダントツの演奏である。

ホントに素晴らしい。

そういえば、5月か6月にベルリンフィルの次期首席指揮者が決まるらしい。

2018年から就任するとのこと。

世界一巧いオケではあるが、特徴がなくなってしまったオケである。

伝統がなくなった巧いだけのオケの演奏からは感動はまず生まれない。

とはいえ、首席指揮者に誰がなるのかというのは興味がある。

ひょっとすると伝統を取り戻してくれる指揮者がなるかもと思ったりするからだ。

だが、現在それをやれる指揮者は私は知らない。

ティーレマンは好きな指揮者ではあるが、彼のベートーヴェンは好きではない。

最後まで聴きたいと思わないのだ。

聴いていても途中で聴きたくなくなってしまう。

私の予想では差しさわりのないような特徴のない指揮者が就任すると見ている。

ベルリンフィルはカラヤンで終わったと言っていいのではなかろうか。

ウィーンはメストがどこまで伝統を取り戻せるかに注目している。

それは置いといて、そろそろベルリンフィルによるベートーヴェンの全集を出せるような指揮者に就任してもらいたい。

ベルリンフィルもそろそろ出したいはずである。

どうなることやら・・・
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

クリュイタンスの良さを再認識

このところベートーヴェンの交響曲をよく聴いている。

ケーゲルの田園の東京ライヴのあまりの素晴らしさに仕事から帰ってきたから毎日感嘆していた。

その後、第9を連続で聴いた。

フリッチャイ、ラインスドルフ、フルトヴェングラー、シューリヒト。

どれもが素晴らしい第9だった。ホントに。

中でもシューリヒト&フランス国立管のCDが音質はステレオで演奏も凄かった。

このCDレビューは本体ホームページの特別企画のページで掲載してます。

で、最近は「英雄」を聴こうと思いクリュイタンスの全集を引っ張り出してきた。

なんであまり聴いていないのだろう?と思うほど感動した。

クリュイタンス&ベルリンフィルは私的には5番が一番お薦めなのだが、3番も凄くイイ。

また、6番も定評がある。

で、5番を久しぶりに聴き直している。

カラヤンのモスクワライヴには負けるが、やっぱり素晴らしい^^

5番を聴いたら7番を聴くつもり。

クリュイタンス&ベルリンフィルのベートーヴェンは何聴いてもハズレなし!

しかも全集はHMVでは激安ですのでお薦めです。

Beethoven: Les 9 SymphoniesBeethoven: Les 9 Symphonies
(2006/08/04)
Beethoven、Bpo 他

商品詳細を見る


と思ったらアマゾンでも激安でした^^

今年はもう第9は聴かないだろうと思っていたけど、最後にクリュイタンス&ベルリンフィルのを聴くかもしれない。

明日は選挙。

投票先はお決まりですか?

権利は行使しましょう。
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください

特別企画最終回 ベートーヴェン 交響曲第9番

とうとうホームページでの特別企画も最終回を迎えることになりました。

当ブログでも御礼申し上げます。

1年間ありがとうございました。

最終回をお読みになる方は、下の本体へ飛ぶというリンクから移動してください。



今年もあと1ヶ月を切りました。

とは言え年末年始のお休みに入るまでは気持ちはなかなか年末モードにはならないですね。特に今年は。

どうも今年は、年末の前によい意味でもう一波乱ありそうなんですよね~。

そうすれば、いい年だった!と断言できるのですが。



そういえば、Jリーグの優勝はガンバ大阪になりましたね~。

ガンバ大阪って今年からJ1に復帰したばかりだったような気がしますが。

よく優勝できましたね。

おめでとうございます。

今日はこのへんで^^
更新は不定期になってしまいました^^
本体へはこちらから飛んでください
プロフィール

kurt

Author:kurt
音楽好きで、クラシック音楽の作曲家・曲・CDのレビューを中心に綴ってます。
歴史についても思いついたように書くことがあります。基本、日本古代史です。
スポーツについても書きます。
グルメ?と絵も好きです。

性別:♂
好きな作曲家
ベートーヴェン
ブラームス
ブルックナー
マーラー
他多数

ホームページ(名曲、名盤、駄盤紹介)
ベートーヴェンD-minor
公開中
お気軽にお立ち寄りください^^

シューマンオタク同盟参加中

基本的にコメントは歓迎致しますが、不快な内容のものは、迷わず削除いたします。トラックバックも同じです。悪しからず。

Twitter
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
カテゴリ
最新トラックバック
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。